紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

WEB全般 技術覚書

googleスプレッドシートの内容をgoogleカレンダーに読み込む

投稿日:2018年6月24日 更新日:

前から懸案だった、googleスプレッドシートに入力済みの表形式データをgoogleカレンダーに自動で読み込ませるスクリプトを作った。

この表は観測記録なので、日付データとそれに紐づく観測場所や内容がある。直接カレンダーに入力してもいいのだけど、スプレッドシート側では観測者や写真の在処などを細かい別項目で整理したいし、全部を公開しても見づらいだけなので、必要な情報だけ連携させたいと思っていたのだ。

これらはgoogle Apps Scriptという「サーバーサイドスクリプト環境」で提供されている。

Google Apps Scriptってなに?

つまりgoogle driveの中に入ってるスプレッドシートなどgoogle Apps(サーバ内で動くWEBアプリケーション)を動かすためのスクリプトで、MS officeでいうVBAみたいなことができる。javascript互換なんだって。

昔いじったことのあるgoogleAPIなどと同じgoogleデベロッパーズの中にリファレンスが。

カレンダー関連トップ https://developers.google.com/apps-script/advanced/calendar

日本語にしてくれている人http://googlestyle.client.jp/calendar_services/class_calendar.html

参考にしたコードはリファレンスにも載ってるこんなかんじ。
GoogleスプレッドシートからGoogleカレンダーにインポート

ただ、これだとgetDefaultCalendar()でデフォルトのカレンダーにしか連携されず、

どうしたらいいかちょっと悩んで、getCalendarById(‘カレンダーID’)にした。

あと、本当は日付が空白だったら読み飛ばしさせたかったんだけど、javascriptの日付判定でハマって
(javascript自体は日付チェック関数とか持ってないんだった・・・いつもその辺でイラッとしてしまうが、javascriptに慣れてないせいで期待しすぎてる自分が悪いんだろう)

一旦諦めてスプレッドシート側で正しい日付形式を渡すよう編集した。

後になって思いついたのだが、よく考えたらGAS自体がjavascriptのラッパー環境だとすれば独自関数もあるよね?と思って探したら、Utilitiesクラスでできそう。・・・どうも勘が鈍っている。

参考:Google Apps Scriptでプログラミングを学ぶ 第5回

function createEventFromSheet() {
    var sheet, i, myevent, mystart, myend, mylocation, mydescription, mystartrow, myendrow;
    var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();

//カレンダーIDは◯◯@group.calendar.google.comのような形式
    var cals = CalendarApp.getCalendarById('カレンダーID');

//シートの固定セルに読み込み開始・終了行を入力
    mystartrow = sheet.getRange(5, 14).getValue();
    myendrow = sheet.getRange(5, 15).getValue();  

//列番号はワークシートに合わせて固定値で変更
    for(var i = mystartrow; i <= myendrow; i++) {
        myevent = sheet.getRange(i, 8).getValue();
        mystart = new Date(sheet.getRange(i, 14).getValue());
        myend = new Date(sheet.getRange(i, 15).getValue());
        mylocation = sheet.getRange(i, 6).getValue();
        mydescription = sheet.getRange(i, 16).getValue();
        var event = cals.createEvent(myevent, mystart, myend,{location:mylocation, description:mydescription});
		}
}

おそらくこれくらいなら、ツイッターのログとgoogleカレンダーの連携で使っているZapierでも実現できるんだけど、こっちですぐ出来そうなのでやってみました。

結果、wixのgoogleカレンダーウィジェット(アプリ)で表示させてるのがこれ。

蜃気楼・幻氷の観測記録

今のところ今年の5月くらいまでデータ入ってます。(4月あたりを見るとわかりやすい)

→修正

今はこちらで公開しています

 

追記:アイキャッチ画像に、developerのアイコンを使ってみたんだけど、どうも googleさんは各種アイコンの利用に厳しいようなので(各サービスごとに方針が出ており、出てないものは使わないほうがよさそう)、許可が出てるgoogle driveのアイコンに変えました。ドライブのバッジとブランドの使用

初版公開日時: 2014年8月17日

こちらの記事もおすすめ

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-WEB全般, 技術覚書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

コメント欄を親切に。

あまりコメントいただくことを期待していないので(^^; コメント欄をお粗末にしていましたが。 さすがに気になったので少し改善。 まずは、必須入力のメールアドレスは表示されない旨と、ウェブアドレスを入力 …

WordPressアプリに替わるオフライン執筆作戦。ブログエディタとかを探す・その2

前の記事で、wordPressをオフライン執筆するためにandroidのエミュレーターを入れたことを書きました。  紺碧の空3WordPressアプリをwindows 10 で動かすためにN …

スマホ用smart.cssでブログタイトルの表示

おまけ。スマホから表示したとき、ブログタイトルが先頭にでないのが気になって、smart.cssをいじりました。QAにやり方が載っていた。 スマートフォンでのヘッダー画像の表示 あとは表示位置を調整した …

no image

写真集追加してみました

googleが提供している、picasa webアルバムというサービスがあって、このサイトで写真を登録すると、自分のHPにアルバムを埋め込めちゃったりするらしい、と何かで見かけたので、チャレンジしてみ …

ブログタイトルを画像に重ねて表示、日本語WEBフォントを適用

参考にした記事。 WordPressテーマ「STINGER」でタイトルとヘッダー画像を重ねるには header.phpはそのままコード使わせていただきました。 サイトタイトルに日本語Webフォントを導 …