紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

ジューンブライド

投稿日:

ケッコンの女神、「ジュノー」が6月をつかさどるため、今月結婚すると幸せになれる、と。また、イギリスでは、農作業で忙しい3-5月の結婚は禁止され、解禁の6月が多かったとか。気候に恵まれるとかの理由があるそうです。6月のローマの晴天率が97%、パリ71%、ロンドン60%。(他の季節のイメージがわかないのでそれぞれどれくらい高いのかわからんが)日本の本州は30%、北海道はほとんどの地域で50%以上。そうか、リゾートウェディング狙い、ジューンブライド狙い、の人は北海道ですればいいかもね。

かく言う私も・・・一応ジューンブライドをしました。やるからには徹底的にやりたかったんだよな、結婚式がらみは。。。人生の他のイベントは、ことごとくスルーしているのに(成人式、厄払い、出産・・・)、あと、女らしいイベントもあまり興味ないので、その反動だったのかもしれない。

後で気づいたら、今でもご縁のある、私のトレーナーでリーダーの先輩が入籍した日、披露宴をした日、がウチとまったく一緒・・・。すなわち結婚指輪等に刻まれている記念日も一緒・・・。先に言ってくれたらずらしたのに(笑)向こうはコトが済むまで隠してたからなぁ・・・これで生涯切っても切れない腐れ縁の完成。(あ、どっちかが別れればいいのか)

さて、今日はひさしぶりに、環水平アーク、見ちゃった!ルンルン。これで丸一日はさわやかに過ごせるぜ。と一人かなり浮かれてたけど、今日のはでてた時間も短かったし、すぐに色が薄くなっちゃったので、おととしほどセンセーショナルではなかったな、職場でも。

私としては、内暈とアークが1画面に撮れて、広角レンズを買って、これで元を取りきった!といううれしさもあり(汗)そうそう。これが撮りたかったのよ!カメラの神様ありがとう!(?)

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

白い石炭

やっと追いついた・・・明日が記念すべき、1年続けた記録の最後の日なので・・・追いついておきたかった。 中谷宇吉郎博士の言葉「雪は人間の生活に害を与えるばかりではない。これを利用すればすこぶる有用なもの …

no image

あいの風

石狩市厚田村付近を吹く、春を運ぶ東風、海を藍色に染め、春の訪れを告げる意味があるんだそうです。 あいの里、と関係あるんだろうか、と思って調べたら、あまりなかった。「藍」つながり。 「梅東風」(うめごち …

no image

狐日和

雨が降ったり日が照ったり、安定しない天気、気まぐれな天気のことだって。 狐雨 狐の嫁入り は天気雨のこと。 狐福、は信じられないような幸運のこと、だって。今年の私で言うと、先月末の某北見ゲリラライブ発 …

no image

越冬キャベツ

12/4分 全国的にも人気の高い越冬キャベツの話題。前は越冬アスパラの話があったな。 発祥の地は和寒町なんだって。栽培は偶然の出来事がきっかけで、40年位前、キャベツの値段が暴落し出荷できなくなって、 …

no image

ヒートショック

12/20分 寒冷前線の通過などで気温が急降下する場合、最大で1時間に6度前後なんだって。脳卒中やsんぞう発作などの要因となるヒートショックは暖房の効いた室内と浴室などの差で、北海道の場合は家と外気の …