紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

ねぷた終わりました

投稿日:

一日目の運行前

去年?書いたねぷたの記事が「しれとこ斜里ねぷた」で検索すると上位に表示されてしまうことに気づき、今年は逆SEO対策を狙ったシンプルなタイトルにしてみました(汗

今年もねぷたに出ました。あっという間に三回目です。事情で出れなくなる可能性もあったのですがギリギリ回避。

ただ、初期の練習出れなかったりで、気分が盛り上がったのは前の週くらいで。

毎年すこしずつ揃えていた衣装、今年は地下足袋買おうと思ってたのだけど、ネットで頼んで届いたのは前日だった。

まあ細かいことはいいんですが。

二日目の夕方、運行決定の花火の後、夕立が降り出しました。ちょうど「ねぷたフェスティバル」の出演、ミニ打ち上げが終わった後、歩いていたらぽつぽつと落ちてきて、家に帰ったらどしゃぶり。

ここで参加取りやめを決めた団体もあったようだけど「まあどうせこういうのはすぐやむよね」と、本番に備えてお昼寝してた私(笑)

(ほんとに演奏しか手伝わない参加者でゴメンナサイ)

↓こんなに積乱雲が発達してたのに、運行始まったら、雲が消散してくれたのだ!

二日目の運行前

今年は運行30回目、ということでしたが、記念行事をしたりするのは三十周年にあたる来年らしく。

中央からの取材とかはあまりお目にかからなかったけど、どーしんの地元版とか、弘前方面からの取材があったみたい。

自分が熱心にお囃子練習できなかったので、今年は裏方さんの様子とかも気になったのだけど、確かにじわじわと手伝いが減ってる感はあったな。

どーしんの記事で「弘前では、ねぷたはごはんや味噌汁だけど、斜里では天丼やカツ丼」とインタビューに答えてる方がいた。

その感覚はよくわかる。盛岡のさんさ踊り、だったら、すごく熱心な層、とそれ以外、がいて、それ以外、の人は全く関わらないかというと、そうでもなくて。

子供会のお祭りなんかでも披露というか、盆踊り感覚で誰でも参加できるんだよね。

山車ありきの祭りと、輪踊りが出来るさんさのちがいはあるかもしれないけど。

あと、今年は一回だけ小学校への指導に参加するこちとができた。その学校では、校内の先生以外のお手本演奏を見るのが初めてだったんだって。

それで、本物のお囃子はすごい、などの感想をもらってしまって・・・いやいや、みなさんがやってるのも本物だから!というか。。。

私が子どもの頃、さんさの学校での指導は、地元の保存会の人が来てくれてたけど、年齢層はだいぶ上の人たちだったな。運動会の前に何回もきてもらってた気がする。

たぶんそういう雰囲気になるまであと一歩、母体となる人口が少ないのが苦しいところだけど・・・(一応盛岡のさんさがある圏内は4~50万人くらいはいるからな・・・)

さて、今年最後かも?の気持ちでのぞんだお祭りで・・・

今年も新たな出会いもあったし。前から知ってた人が意外な方のご家族だったりとか!ずっと話してみたかったねぷた青年と話せたりとか( ̄▽ ̄)

さて・・・来年は斜里にいるのでしょうか?もし近くに転勤してたら参加させてもらう??

土地付き一戸建て&正社員職とかプレゼントしてもらえたら、定住しても良いかな?なんて都合のいい妄想を考えながらのお祭り期間でした(汗)

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-オホーツク生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

味覚園の冷麺

盛岡育ちなので、冷麺にはこだわりがある。といっても、それほどマニアックではない。 例えば、外国に行って「本場日本の寿司」と書いてあるのに、シャリが麦飯だったり、ワサビの変わりにマスタードが使われていた …

黄昏の氷原

今年は流氷初日はいつもどおりだったけど斜里前浜や網走に接岸するのが遅くてはらはらさせられました。まあ毎年様子がちがって、予想がつかないくらいがワクワクしてちょうどよいのでは。 去年も同じような写真撮っ …

しれとこ斜里ねぷた にでました 2011

斜里で2回目の夏です。 去年は、見たこともないお祭りに突然出させてもらって、結構、暴挙だったのかもしれないのですが。。。 今年は、少し周りを見る余裕も出てきたので、前回記事で色々書いてしまったこととか …

夏のいろいろ

まったくSEO的に効果のないタイトルだ。SEOを勉強して良かったのは、逆に検索にひっかからないタイトルのつけ方がわかったこと、かもな。 さて、斜里の夏は、今月はねぷただから、あれとあれをああしてこうし …

長居

流氷、まだいますね・・・ 先週、気圧配置的に、そろそろいなくなるんじゃなかと予想してみましたが、全然ダメー。さすが私。 写真は、網走の鱒浦付近から知床連山を望む。またカメラを忘れて出かけたのでスマホカ …