紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

畑の雲、リベンジ

投稿日:

遠くに桜の木

畑の雲と、エゾエンゴサクに書いた、朝方、海岸沿いの畑から、もくもくと「白い何か」が立ち上っている現象。

どうも、この辺では日常茶飯事、春~夏の、風物詩的な現象のようで。

昔取った○○?・・・気象の勉強をし直すよい機会とばかりに・・・・

基礎から考え直してみた。

斜里は、「五感で感じる」気象現象が、あれやこれやとあり、生活しているだけで、日常が面白い。

そもそも、定義は靄(もや)だろう

視程が一キロ以上のものは、靄、というのだから、こんなうっすらかかっている場合は靄なんだろうなー。

「もや」より「きり」のほうが、何となく風情がある気がするが。

「もや」を、文学的に言いたい場合、「霞(かすみ)」と表現されることが、多いらしい。

海陸風の影響!?

撮影日時等。撮影地点は、いずれも斜里~小清水間の国道沿い。

参考:過去の気象データ検索 – 気象庁 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

1)前回の写真
5月8日10:10ごろ
天気:晴れ
日の出:4:02(ウトロ)
→2010年5月8日 斜里 のアメダスデータ
→2010年5月8日 小清水 のアメダスデータ

2)今回の写真
5月22日11:30ごろ
天気:薄曇り
日の出:3:47(ウトロ)
→2010年5月22日 斜里 のアメダスデータ
→2010年5月22日 小清水 のアメダスデータ

あと天気図があれば面白いんだけど。。。

気象庁の見やすいヤツ(日々の天気図)は、まだ先月分出ていないようだ。

アメダスデータを見て読み取れること。

1)海よりの観測点である斜里では、日の出から1・2時間後に風向きが北よりに変わっている

2)やや内陸側の観測点である小清水では、日の出から3.4時間後に風向きが北よりに変わっている

3) 1)、2)ともに、5/22よりも5/8のほうが顕著。

こんな簡単な情報だけだけど、ああ、「海陸風」の影響で、もやが出ていたんだな。

と自分の中ではプチ確信。

オホーツク海上の冷たい空気が、海岸沿いの畑の上を、スースーと吹き抜けていく様子を想像して。。。。

教科書的な現象が、検証できるところが面白い~( ・∀・)

ツꀀ

以上、小学生の夏休みの宿題レベルですが。

-オホーツク生活
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

白鳥と紅葉

ぱきぱきキッパリとした休日にしたくなくて、昼間からまったりとブログなどを書いてみます。 斜里川に白鳥がたくさんいる、との情報。行って見たら、たくさん、という程ではなく(結構動きまわっているので、私が行 …

月暈、木星入り。

  月暈の中に明るい星が入っていて、横にはオリオン座も見え、なかなかめずらしい光景だったので家の前から三脚ナシだったがクルマの上にカメラ置いて何枚か撮影。なんとか一枚それなりに撮れていた。 …

雑草

雑草の定義って。 goo辞書:国語辞典:雑草。 wikipedia:雑草。 路傍などに、よくはびこっていたら、雑草ってことで、いいんですよね。。。?! するとやっぱり、斜里にはびこっているこの花は。。 …

HUTTEの「ひみつカレー」

先週末、無事イスカンダルから帰還しました。その辺の事情はそのうち笛ブログにでも・・・ 思えばこの冬、はるか大宇宙への航海のような苦難の日々(言いすぎ)を乗り越えられたのも、時々訪れたあのお店のおかげだ …

くまちゃん

「知床の町に住んでるんだから、熊くらい出るっしょ。」 と多分、遠くのお友達・お知り合いが、思っているであろうことがちょっと悔しい。 私も、斜里に住んでいなかったら、そう思っただろうけど。 信じてもらえ …











スポンサーリンク