紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

畑の雲、リベンジ

投稿日:

遠くに桜の木

畑の雲と、エゾエンゴサクに書いた、朝方、海岸沿いの畑から、もくもくと「白い何か」が立ち上っている現象。

どうも、この辺では日常茶飯事、春~夏の、風物詩的な現象のようで。

昔取った○○?・・・気象の勉強をし直すよい機会とばかりに・・・・

基礎から考え直してみた。

斜里は、「五感で感じる」気象現象が、あれやこれやとあり、生活しているだけで、日常が面白い。

そもそも、定義は靄(もや)だろう

視程が一キロ以上のものは、靄、というのだから、こんなうっすらかかっている場合は靄なんだろうなー。

「もや」より「きり」のほうが、何となく風情がある気がするが。

「もや」を、文学的に言いたい場合、「霞(かすみ)」と表現されることが、多いらしい。

海陸風の影響!?

撮影日時等。撮影地点は、いずれも斜里~小清水間の国道沿い。

参考:過去の気象データ検索 – 気象庁 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

1)前回の写真
5月8日10:10ごろ
天気:晴れ
日の出:4:02(ウトロ)
→2010年5月8日 斜里 のアメダスデータ
→2010年5月8日 小清水 のアメダスデータ

2)今回の写真
5月22日11:30ごろ
天気:薄曇り
日の出:3:47(ウトロ)
→2010年5月22日 斜里 のアメダスデータ
→2010年5月22日 小清水 のアメダスデータ

あと天気図があれば面白いんだけど。。。

気象庁の見やすいヤツ(日々の天気図)は、まだ先月分出ていないようだ。

アメダスデータを見て読み取れること。

1)海よりの観測点である斜里では、日の出から1・2時間後に風向きが北よりに変わっている

2)やや内陸側の観測点である小清水では、日の出から3.4時間後に風向きが北よりに変わっている

3) 1)、2)ともに、5/22よりも5/8のほうが顕著。

こんな簡単な情報だけだけど、ああ、「海陸風」の影響で、もやが出ていたんだな。

と自分の中ではプチ確信。

オホーツク海上の冷たい空気が、海岸沿いの畑の上を、スースーと吹き抜けていく様子を想像して。。。。

教科書的な現象が、検証できるところが面白い~( ・∀・)

ツꀀ

以上、小学生の夏休みの宿題レベルですが。

-オホーツク生活
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

秋の名残り

名残というか・・・、芸術の秋に力を入れすぎ、秋がスッカリ通り過ぎてしまった。 ハマナスの実ジャムも完成せず、その辺になっていたという、ヤマブドウも栗も拾わず・・・ ひたすら笛を吹いていました、先週の発 …

漁火

オホーツク海側にも漁火が出るんだ・・・と知ったのは去年。去年今年と、イカさんがたくさん来てるらしく。 函館の夜を思い出させる漁火。最近はLEDなのか、青い色の漁火も混ざっていて幻想的。 空に光が反射し …

釧網本線 知床斜里駅

大雑把な地図だと、斜里町のあたりに「知床斜里」って書いてあります。 最初地図を見たときは、そういう地名の呼び方するのかと思ったのだけど(北見紋別、みたいに・・・)JRの駅名です。 お決まりの、羅臼岳を …

「おーろら号」に乗ってみた

勢いで、流氷観光砕氷船「おーろら」に乗ってきました。 アザラシを3頭(?3回)見れちゃった! ・・・広角レンズをつけていたのでゴミのように映っていますが・・・写真中央です↓ 肉眼のほうが、まだ大きく見 …

虹とアッケシソウと虹。

今日は、駄文ナシで、写真だけupしてみよう。 9/24、のんたの湯付近。かなり夕方。 9/26、話題のアッケシ草(さんご草)。私は初見なので、ひどさが判断できず。 10/2、知床五湖の帰り。これも二重 …











スポンサーリンク