紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

融雪注意報

今日にぴったりのお題。 土砂崩れ120人避難 歌志内の道道 川岸の雪が10センチ解けると、50ミリの大雨が降ったのに相当し、川の水位が上がると。雪解けの時期は意外と危ないのですね・・・ 春になってウキ …

no image

「清々と」読了

マリみてカテゴリに入れるのもどうか・・・なレビューですが、トップページに出していないカテゴリなので、好き放題書くのにちょうどいいかなと;; 谷川史子、清々と、をやっと購入しました。広告↓ ツꀀ 少し前 …

no image

月の名前

十五夜を過ぎた月の名前。 十六夜(いざよい) 立待月(たちまちづき) 居待月(いまちづき) 臥待月(ふしまちづき) 更待月(ふけまちづき) 有明の月 だんだん月の出が遅くなることをさしている。花が春の …

環天頂アーク+幻日

うーん、どの写真を使うか悩む・・・ 本日はっ。人生最大の環天頂アークが見れましたっ カメラのカラーモードで撮ったけど、PCでは画像一切いじってません。 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/1000s …

no image

寒明け

立春を迎え、寒明けとなる頃、とのことで「寒明け七雪」という南信州のことわざが紹介されている。寒が明けた後に7回雪が降ると本当の春が来るんだって。北海道だともっと降らないとダメだよね、って話。 北海道の …











スポンサーリンク