紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

サケ・マスの遡上と幻日?

投稿日:2010年9月20日 更新日:

久々に新鮮な記事をば。。。

今日、用足しで網走に行った帰り、少し時間があったので、サケ・マスの遡上を見に行こうということになり、夫の知ってるスポットに連れて行ってもらいました。(網走と逆方向だが)

斜里町ではたぶん一番有名な、遠音別側河口の観覧場所

フツーのレンズで取ってるので、分かりにくいと思うけど、探してみてください、たくさん魚がうつっています。

真ん中あたりに黒いものがたくさん しっぽとかおが赤い

知識がないのでサケかマスかも判断できず・・・;;

それでも大きい魚がたくさん滝のところで渋滞していて、時々ビチャビチャ跳ねるので、見ごたえがありマシタ。

で、海側の河口にも下りていってみて、夕日の方向を見上げると・・・・

太陽に”虹”がかかっているではありませんか!

高度が低いので、大きく感じて大迫力。

魚そっちのけ!・・・・(^^;

手を広げて確認すると、親指と人差し指の幅なので、「内暈(ないうんorうちかさ)」という位置に出ていることは、その場で分かりました。

太陽から22度。

(6/8に出て盛り上がった「環水平アーク」は、太陽から手を広げて、親指と人差し指の幅×2、の位置にできる。)

で、また悩んだのが、虹色のときは、何と言う現象だったか・・・

家に帰って、例の「空の輝き」さんとにらめっこ。

色が何色かに分かれていて、外側に帯が飛び出しているように見えるのは、「幻日(げんじつ)」と定義されているようだ。

えーそうなのそうなの??虹色なのに「日」=太陽なの?

うーん、何か違和感。

ただの内暈、は赤みが強いらしいから(今日も、だんだん雲が増えて崩れていったら、七色はハッキリしなくなったんだけど)・・・・

内暈と幻日の中間ってところなんだろうな。

しかし・・・・知床は、ほんとに「彩雲系(※)」の現象・・・光の気象現象がよく観察できます。

(自分の中では、雲の粒に光が当たって、何らかの条件で、虹色とか、きれいに見えることをおおまかに「彩雲」と理解している。)

空が広くて、かつ、上空に”相対的に冷たい空気”が入っていることが多いからなんだろうな。。。

私みたいに時々空を見る程度でも気づくから、アウトドアライフな方は、なおさら。。。

こんなのいつも見てるよ!って感じでしょう。

分かりやすく分類された、いい本があるといいんだけどな。

先日札幌で探してみたけど、やはりまだ、スッキリするのを見つけられなかった。

コンパクトなガイドブックみたいなのがあれば、みんなで楽しめるのに。

・・・ま、定義はどうでもいいんだけど、本心では(^^;

キレイだったらそれで!

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-オホーツク生活
-, , , ,

執筆者:


  1. […] さて、この日(7/3)は、買い物のあと空き地を走っていて、太陽の両側に幻日が出ているのに気づきました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白い山が見える

  斜里岳です。 町内のどこからでもこの山が見えます。なかなかの迫力。 とっても寒そうな山ですが、見慣れるといい感じ。 なんとなく「カムチャツカ」とか「サハリン」というイメージ;; あと羅臼岳とか知床 …

幻日

 このへんの、今時期の空はとてもきれいです。北海道の初夏の空は、高層雲がきれいだったりして、本州の感覚でいうと、秋の空っぽいんですが・・・、もう慣れました(^^; 加えて、この辺りでは、ミラクルな感じ …

ねぷた終わりました

去年?書いたねぷたの記事が「しれとこ斜里ねぷた」で検索すると上位に表示されてしまうことに気づき、今年は逆SEO対策を狙ったシンプルなタイトルにしてみました(汗 今年もねぷたに出ました。あっという間に三 …

カメラ! カメラ! カメラ!

12月10日、にわか月蝕観測&撮影隊に、金魚のふんのようについていきました。 このあたりでは権威のGセンセと、私の近辺で今一番カメラ(機材)愛がアツイ男、某氏が二人で撮影に行くという話。 めずらしもの …

月暈、木星入り。

  月暈の中に明るい星が入っていて、横にはオリオン座も見え、なかなかめずらしい光景だったので家の前から三脚ナシだったがクルマの上にカメラ置いて何枚か撮影。なんとか一枚それなりに撮れていた。 …