紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

燕雁代飛

投稿日:

燕雁代飛(えんがんだいひ)って読むんだって。夏鳥が去り、冬鳥が来る季節のことだって。

「雁行」は、雁のV字編隊のこと。秋の風物詩。

「雁渡し」(かりわたし)は、渡り鳥を運ぶ秋の風。

「雁の涙」は、秋の野の露だって。風流ですな。

秋の風が、渡り鳥を運んでくるのか・・・・となると、今年は渡り鳥さんも、動けないでいるのだろうか。気温が要因となることが多いらしいので、この東日本の高温で、どこかで足止めを食っているかも。

天気というか、気候に直接影響を受ける分野を好きだったり、研究している人ほど、天気には敏感かもしれないけど、たしかに鳥やさん(鳥を売っている人ではない)は、相手がまさに気候に影響を受ける生き物だなぁ。風も関係してくるし。4本足の動物たちは、植物や魚の出来具合には影響されるかもしれないけど、鳥ほど直接的な影響は少ないかも。

天気のことわざも、鳥が多いかも。あと虫か。空を飛ぶ生き物たちだな・・・

海の生き物は海水に影響されるだろうし。

植物たちは、光の量とかも影響するだろうから、天気だけじゃなくて暦も関係してくるんだろう。

人間活動も、気象の影響を受けているから、気象の勉強は面白い、っていう意見が多いけど、そうはいっても動植物ほどは影響受けないだろう。どうしても災害関連に話題がいっちゃうし。やはり自然全体を考えてこそ、きしょーを楽しめるのかもしれない。

・・・あ、そうそう、今朝もアマタツくんが新しい実験装置を作ってて、見てたら危うく遅刻しそうになった。今日は台風が扇風機じゃなくて掃除機だった(w いいなぁ、予算があって。

昨日~今日の中部圏の突風と豪雨、台風の吸い上げ?(北に向かって)効果で「一文字前線」と名前をつけていた。2005年くらいに、練馬が冠水したとき(たぶんこの平成17年9月)も同じ気圧配置だったんだって。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

土用

広く知られている夏の土用だけではなく、実は一年に4回あって、立春、立夏、立秋、立冬の18日前を土用、というんだって。 稲の成熟と深い関係にある土用だけが注目されるようになったといわれるそう。「土用十日 …

no image

酒は人肌燗

10/6分 酒の適温を季節の言葉で表す風習について。 5度・・・雪冷え 10度・・・花冷え 15度・・・涼冷え 30度・・・日向燗 35度・・・人肌燗 40度・・・ぬる燗 45度・・・上(じょう)燗 …

no image

冬将軍

寒さや雪が猛威を振るう冬の嵐を「冬将軍」といいますが。。。 で始まっているけど、最近はむしろ、大陸からの寒波に名づけてないだろうか。 言葉の由来はナポレオンの敗戦で、1812年の秋にモスクワを占領した …

no image

天使のささやき

2/17分 1978年のこの日、幌加内町でマイナス41.2度。気象台の公式記録ではない。「日本最寒地到着証明書」の発行、カントリーサイン、「天使の囁き(ダイヤモンドダスト)を聞く集い」などがんばってい …

no image

秋の花見

昔は花見といえば、桜ではなく、萩が主流で、万葉集では萩→梅→松 の順で植物が多くでてくるんだって。 萩前線は、2ヶ月かけて南下。8月に北海道からスタート。 あれ、8/24もハギネタですね。むーん。知床 …











スポンサーリンク