紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

昆布

投稿日:

水温が20度以上の海水温ピークになる8月中旬、昆布漁が最盛期を迎えるんだって。全国の生産の9割が北海道だけど、消費は46位。一位は富山県だそう。

北海道で少ないのは、あまりだしを取ったりしないから??でも富山で、だしがすごいな、とか思った記憶はあまり。。。まあ、富山ブラックをはじめ、全体的に昆布系ではあったかもしれない。。。

なんか昆布だしって、だしをとったあとの昆布を何かに使わなきゃ、という強迫観念があって、面倒なんだよな。。。思い切って捨てるべきなんだろうか。かつお節だったら別にいいのにねー。

さて、今日は待ちに待った寒冷前線が(※あれ、停滞前線に変わってた?)通過して、北海道の空気が入れ替わった。朝、7時くらい、気温上がってきて、あわてて窓を閉めたけど、その後、家を出る頃から徐々に涼しい風が。。。昼以降は、半そでだとひんやりするくらい。

今日のNHK道内気象ニュースで気になったのが「大陸育ちの高気圧」という表現。夕方の枠で最初に聞いたときは、「大陸育ちの○○な高気圧が北海道を覆い」っていってた気がしたんだけど、9時前の枠では○○な、が抜けて「大陸育ちの高気圧が北海道を覆い」と言ってたのでわけわからん!と思わず食べてたものを吹き出すところだった。

オットからも「新しい表現だね」という指摘が。「大陸育ちの高気圧が北海道を覆って、何が起こるかわかる?!」と聞くと「さあー・・・」と見当もつかない様子。だよねーだよねー。

誰よ、その原稿書いたの。

つまり、朝まで覆ってた、暖かくて湿った太平洋高気圧に変わって、ユーラシア大陸内陸で発達した、乾燥して冷たい空気が北海道を覆うのでさわやかですよ、ということを言いたいんだよね。

ここまで言えば、結構みんな、あー。となんとなく納得すると思うけど。。。

さらに、9時過ぎの全国放送では「太平洋高気圧とチベット高気圧の2段重ねで、しばらく全国的に残暑が続く」話題。

これ、北海道の人が続けてみてたら、きっと話を混同するよね・・・(--;

チベット高気圧も大陸育ちだもんね。

まあ、育つ高さが違うからなぁ。。。

涼しい高気圧(シベリア高気圧、といっていいのか)のほうは、モンゴルの馬に乗ってよろいかぶとをかぶった遊牧民のイメージ。(冬になると天気コーナーに登場する冬将軍、みたいな。。。)

チベット高気圧のほうは、高層で発達するので、雲の上の仙人みたいな。。。チベット仙人(なんだよそれ)ってかんじー。空高く見えないところをやってきて、日本に梅雨をもたらしてウフフと笑っている。

あれ、でもさっき、7800mって言ってたかな?夏は結構低めなのかな?

こういう高さも混みで、四季折々の大気の構造が頭に入ってる状態で生きていたいものだ。。。勉強不足ですな。

あっ、あと今日は遠く函館から、落雷の情報ももらった。その辺はまた今度。。。。?

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

冬眠前のクマ

冬眠前でエサを蓄えるため、クマと遭遇する機会が増える、という話。気象?がらみでは、クマより風上にいれば匂いで逃げるので、風の吹いていく方向に向かって歩く(風下に向かって歩く、ということね)といい、って …

冷蔵庫を上手に

冷蔵庫を適切に使って電気代の節約と食中毒予防につなげようという話。 と、突然なにを書き出したかというと、また季節の暦を毎日一つずつよもうかと。 あまりに毎日がただただすぎていくので。。。今日は6月24 …

no image

燕雁代飛

燕雁代飛(えんがんだいひ)って読むんだって。夏鳥が去り、冬鳥が来る季節のことだって。 「雁行」は、雁のV字編隊のこと。秋の風物詩。 「雁渡し」(かりわたし)は、渡り鳥を運ぶ秋の風。 「雁の涙」は、秋の …

no image

九九消寒

12/24分 くくしょうかん。中国の当時の習わしだって。花びらが9枚の梅を9つ描いて、花びらを一日一枚ずつ赤く塗っていくんだって。半分くらい色がつくと2月の立春。81枚全部が赤く染まると、梅満開の3月 …

no image

雪形

倶知安町の西方向のワイスホルン(そんな地域あるんだ・・・)では「白い馬」、利尻岳には猫の顔、暑寒別岳は竜、遠音別岳(中標津?のほうから見るはず)では見返りギツネ、旭岳はタンチョウ、だそうです。 ちなみ …











スポンサーリンク