紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

○×太郎さん

投稿日:

積乱雲の別名というか愛称というかの話題。

関東地方・・・坂東太郎

滋賀県や福井県・・・信濃太郎

京都や大阪・・・丹波太郎

山陰・・・石見太郎

九州地方・・・比古太郎

地方の川にちなんでいることが多く、入道雲が川の上流で発生し、川に沿って雨が降ることにも関係してるんだって。

坂東太郎は利根川だって。

北海道でも「石狩太郎」「十勝太郎」「手塩太郎」はどうでしょうか、となっているが、そもそも入道雲がそんな立派に発達するだろうか?

十勝に住んでたときは。。。1夏だけだからなぁ。でも心が揺さぶられるような入道雲には、お目にかからなかった気がするぞ。もっと山間に行かないとだめなんだろうな。

各地の名前を見てると、川ってのもあるけど、入道雲の「育つ方角」に由来してないかなぁという気が・・・

たとえば、京都盆地に居て、北側の山脈にいかにも入道雲が発達しそうなんですけど。で、丹波の方角ににょきっとできるから、丹波太郎?なんじゃないの?

丹波太郎 ←ね。

その解釈でいいなら、この辺だと、連山の海別とか、硫黄山のほうの入道雲が立派なので、海別太郎とか、硫黄太郎とか。

道内で名前がつきそうなくらい一番発達しそうなのは、やはり大雪山系だろうな。東~南東よりの風で積乱雲が発達するときに、旭川とか上川から見たら、立派だろうな。あまり山が近すぎてもダメなんだよなー。程よく遠くに発達してるところが見えると、高さがわかって迫力があるというか。(すみません入道雲フェチの気があります)

さてさて、今日は、暑かったけど、夏のフェーンに会えるのも今日だけかも?と、がんばって昼休みに、写真&動画撮影に挑戦した。

狙いは、温度計と、風がびゅうびゅう吹いてるのがわかる構図。

役場前の温度計を撮ってきたんだけど。。。日陰で確認したら、デジタルの表示が薄すぎて、文字が読めなかった。。。動画のほうは、びゅうびゅうの風で腕がぐらぐらして、酔いそうな映像だった。。。

三脚持ってけば良かった。

でもさ、誰かに見られたら「またきゅむさん変なことやってるよー」って言われるの請け合いでしょ。。。まあ知り合いならいいけど、偉い人に見られたらねー。きょどっちゃうしね。。。と相変わらずその辺は小心者なのでした。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

波の花

冬に波打ち際が泡立っている現象。冬は海水がプランクトンで粘り気があるからなんだって。普段の300倍ものプランクトンが岸辺に集まり、大量のゼラチン質が海水に粘りを加えて海水を泡状にするんだって。 日本海 …

no image

食欲の秋と体重計

遠心力の関係で、沖縄で60キロの人は北海道では60キロ+80グラムになるんだって。赤道に近いほど空に向かって引っ張る力が強いからなんだって。 体重計メーカーは北海道、本州、沖縄と仕様を三種類に分けてる …

no image

雪解けを早める黒

また雪解けネタでした・・・(汗 融雪剤のことですね、本州の皆さん、富良野や十勝や、ポテトチップスのCMに出てくるような雄大な畑が雪で真っ白です、そこに黒い融雪剤がまかれているところを想像しましょう。 …

電車内の冷房

電車のなかの冷房設定温度は25から27度くらい、感じ方には男女差がありそう、という辺りの話。 しかし一日が経つのは速い… 1ヶ月もはやい…予定より早い… 半年も早い。早すぎ…

no image

観楓会

10/14分 かんぷうかい。初めて知ったのは大学で北海道きたとき?函館でかな。札幌の会社ではさかん。ほぼ毎年お泊りの会が。いけない年も多かったが。知床では全然聞かないのは・・・土地柄なのか、職場の文化 …











スポンサーリンク