紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

冷房病

投稿日:

8/4分

れいぼうびょう、って言いにくいな汗

北海道でもエアコン普及率が延びてて、平成元年は3.7%だったのに、平成20年代には15%を越えたらしい。

外気温との差が6度以上になると身体に負担がかかるんだって。

今年は今のところ、北海道の長期予報は当たってるかんじ。。。それほど猛暑ではない。

ベースはオホーツク海高気圧の影響下で、時々太平洋高気圧の暖湿気内に。

蒸し暑い日にきた観光のお客さんには「せっかく北海道に来たのに蒸し暑い!」と文句を言われ、涼しい日に来たお客さんには「北海道寒い!」と文句が(笑)

双方にいやー、日によって違うんです、と説明しても、体感してみないとわからないのよね。。。

来た日によって北海道の印象大違いだよな。

高校で進路選んだときも、担任の先生に「北海道この前行ってきたけど同じくらい暑かったぞ!(安易な進路選択はやめろ)」としつこく言われたし汗

今なら天気図を用いて言い返せるのだが( ̄ー ̄)

あと、斜里がめっちゃ涼しかった日、某Mさんが「この辺が寒くて東京が猛暑という事は、間にいい思いをしてる人がいるに違いない!」とついってたんですが

結局、暖湿な気団と冷涼な気団の境目には、たいてい前線ができちゃうから、その下はごうごう雨が降ってたりする。(その日は違ったんだけど)

なので、真夏に関しては、あんまり穏やかな気候の地域はない感じはするよな。

ただ、えぞ梅雨が目立ってきたのも近年だと言うし、少し昔の北海道の夏、はちょうどいい具合で空気が混ざってるゾーンだったのかな。。。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

凍る海

2/2分 オホーツク海は流氷の来る世界最南端の海。アムール川から流れ込む淡水の影響で海の表層の塩分濃度が低いので。 オホーツク海の塩分濃度は3.25%しかないため(しか、といわれても標準値が)-1.8 …

no image

北海道のワイン

9/21分 ワイン用ぶどう栽培地を生育時の気温から5つにランク分けした気候区分の名前、「リジョン」っていうんだって! 北海道はリジョン1なのかー。以外に低いな。 あれ、この本、前もワインの話なかったっ …

no image

雪は天からの手紙

北大の食堂かなんかの施設の横に、世界初の人口雪誕生の石碑があった。その、はじめて雪を作った日が今日なんだそうな。 本物の雪なら、なごり雪、といってもいい季節。 中谷宇吉郎博士のこの、手紙の言葉は必ず気 …

no image

啓蟄

啓蟄、は天気予報の歳時記解説でも、他に比べて頻出するような気がする。 二十四節気の中でも、動きがあって(虫が這い出てくる)説明しやすいからか。 雨水、とか、イメージしにくいものね。あっ、wikiped …

no image

十三里

過去二日分、日付がめちゃくちゃに・・・ 10/13分 十三里、ってさつまいものことなんだって。「栗(9里)より(4里)うまい十三里)」9+4=13というだじゃれから・・・ 江戸時代の焼き芋やさん。江戸 …