紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

気象記念日

投稿日:

「今日は気象記念日だってネ」と出勤するなり言われた(笑)特にコメントはできなかったんだけど。

1875年の今日、東京気象台が設置され、観測が始まったことからだって。実際は函館海洋気象台が日本で最も早く、その3年前に観測を始めたのだけど。

初の天気予報が開始したのが、1884年だって。他にも今日は電波の日、写真の日、バッジの日、チーズの日、麦茶の日、氷の日、真珠の日、マリリンモンローの日・・・など、いろんな記念日なんだそう。多すぎ!

ところで、この「とある歳時記」の記事が、気づいたら100件を超えていた。何回かさぼったり他の日に書いたこともあったけど、こんなに続くとは思わなかった。

笛の練習でさえ、毎日は続かない。まあ、夜は吹けないとか、滅入っていると吹けないとか(おい)色々制限はあるんだけど。もっと手軽そうなところでは、英語の勉強。リスニングだけなら、聴くだけなのに、これがなかなか、毎日できない。

やはり、それなりに好きなことだから続くのかなーというのと、現在進行形でお題があるので、欠番にするのが心理的に気持ち悪い、というのは大きいと思う。

あと、INPUTよりOUTPUTしたいタチなんだな、というのはある。

同じように、手軽に毎日一曲、とか練習できたらいいんだけど、そちらのほうは、やはり基礎ができてないのでだめなんだろう。

この記事は、感想とか、具にも着かないことを書けばいいので、プレッシャーがないんだな。

最後に、気象記念日の今日、この辺は「これでもか!」という寒さだった・・・

てんき.jpのアメダスランキング、現低温(多分19時)、ウトロの4.6度が1位、斜里が5.5度で5位。

それでも、近所のライラックが開花してた。朝は咲いていなかった気がするの。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

まく豆は?

北海道で節分のときにまく豆は落花生ですよ、って話。東北もそうだったから、とくに感慨はない。説として、雪の上に落ちても見つけやすい・夏の大豆に対し落花生は秋・冬の豆である・カロリーが高く寒い地域で好まれ …

no image

清明のころ

雁が帰ればツバメが通う、という言葉があるそうで、冬鳥のガンが北へ渡り、変わりにツバメが渡ってくる。という意味だって。 ツバメの渡りは平均8度~9度だそう。 冬鳥が越冬で北海道に南下するタイミングについ …

no image

半夏生(はんげしょう)

夏至から数え、11日目にあたる日が「半夏生(はんげしょう)」と言われ、昔はこの日の天候で豊作か凶作かを占ったりしてたんだって。あと、稲がしっかり根を張ってほしい、という願いから、タコを食べる習慣も。 …

no image

波いろいろ

5/10分 旧暦四月は「卯波(うなみ)、卯月波」春風が強い波の様子。「皐月波」は旧暦五月。本州の梅雨の頃、荒々しく立つ波のこと。波には高く打ち寄せる「男波(おなみ)」とひくい「女波(めなみ)」があり、 …

no image

夏至

midsummerは盛夏、真夏、のほかに、夏至、の意味もあるそう。 今回の菅井コラムは、意外にあっさりだ・・・南中高度は札幌では75度。光の夏、のピーク。 夏至のイベント、って冬至(かぼちゃを食べろと …