紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

君影草

投稿日:

スズランの別名ですね~。直射日光が苦手で湿地を好む・・・札幌を含め13市町村の花になってるんだって!花や根に毒があるので牛や馬は食べない。フランスでは、花嫁に送られ、「幸福花」とも。

「君影草」という名前には、あまりいいイメージがなくて。ある歌の影響なんですが。まあいつもの展開なので、割愛。

そういえば、実家の庭に植えられていたかな。だから北海道の野山に咲いてるのはちょっと不思議な感じだった。

ところで、今日の夕焼けきれいだったんだけど、なれない道を走っていたので、シャッターチャンスを逃した。残念。

今日空全体がもやってたのは、全部かなり高層の雲で・・・厚い巻層雲、ってやつだ。自信を持っていえるのは、高度4800メートルを700kmくらい旅して帰ってきたからです、空から見ると、やっとハッキリわかるね、アレ(笑)

高層に水蒸気が多かったので、きれいな夕焼けだったのだ。

飛んでる飛行機全部に、動画を撮影させて、天気予報の基礎値に使ったらいいんじゃないか、って話が昔あったような、なかったような。

全然関係ないんだけど(何をだらだらしてるんだ)上磯ダイエーで、ペットボトルに入ったハーブ水耕栽培セットが売ってて、帰りに絶対買おう!と思ってたのに、忘れて帰ってきちゃった~。ううう。気づいたときはもう乗り換え済みの空の上で、上磯ダイエーは数百キロ後方。・・・すごく不思議な感じだった・・・今度行ったら絶対買おう・・・

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

まく豆は?

北海道で節分のときにまく豆は落花生ですよ、って話。東北もそうだったから、とくに感慨はない。説として、雪の上に落ちても見つけやすい・夏の大豆に対し落花生は秋・冬の豆である・カロリーが高く寒い地域で好まれ …

no image

寒の入り

1月5日ごろから節分までの30日間。寒中、寒の内、という。「寒中の南風、俵を編んで待て」ということわざは、この時期の南風が豊作をもたらすことから、今から俵を編みなさい、って意味なんだって。 寒中の天気 …

no image

霧、霞、靄、朧

これはみんな気になるところなので、よほーしを受けるくらいの人は頭に入ってるとおもう。 靄(かすみ)・朧(おぼろ)は、気象用語ではないのでまず試験対策からは除外。ただし 靄・・・春の霧のこと 朧・・・春 …

no image

春待ちアスパラ

あぶないあぶない、ホビーに夢中になりすぎて、こちらを忘れるところだった・・・ 越冬アスパラの話題。前年にあえて収穫せず、越冬させると、ポリフェノールやビタミン、ミネラルも豊富だそう。 アスパラ、って高 …

no image

木の冬支度

10/6分 最低気温8度以下の日が続くと、樹木は、葉と枝の間にしきりをつくり、葉で作られた糖分が枝までいかないようにするんだって。で、葉の中に糖分が残り、この糖分が原料となって赤い色素ができるんだって …