紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

売れ行きと豊作適温

投稿日:

今日オホーツク地方はフェーンになる、っていってたのに・・・低気圧の通る位置ずれた?めっちゃ肌寒かったです。

さて今日は、夏のスイカとメロンの話題。

最高気温 ≦27度 →糖度の高いメロンが売れる

最高気温 ≧30度 →水分の多いスイカが売れる

頭わるいので、式にしてみました。でもええと・・・この文章だと、「糖度の高いメロン」だけが売れるのか、「メロン」全体が売れるのか、わかんないんだよな・・・スガイちゃんよー。

そういえば、今彼女は、この辺、気象経済などを北大の修士課程で勉強してるんですってね。いいなー。ケコンしたらかなり厳しいよね・・・(旦那の稼ぎを上回るくらいでコンスタントに働けてないとね・・・)

話を戻します。

メロンが良く育つ気温 →25~27度

スイカが良く育つ気温 →30度以上。 なるほどなるほど。

まてよ・・・頭が悪いから、っちゅうか、前職のえいきょーかしら。。。なんでも式にしたがり(笑)

さてさて、今日ねー、なんか雲がもくもくしてて(それでいいのか私)・・・・

ええと、層雲とか、遠くに乱層雲っぽいのがもくもくしてて面白かったので、海岸にいってみたの。(何を甘えてるんだ?)

そしたら、夕方なのに、東の空のほうがちょっと黄色みがかってて、西の空のほうが青っぽかったんだ・・・・

見た目、雲の厚さは違わなさそうで・・・ひょっとして東のほうが、ちょっと高度高くて、薄かったのかなぁ。。。

で、全天写真、を撮ってみたくなった!

あの色の違いを、一枚に取れたら面白そうだったー。

そうか、マイクロフォーサーズにもコンバータレンズ、ってのが色々でてるのね・・・

OLYMPUS マイクロ一眼 PEN コンバーターレンズキット

私そもそも、標準ズームレンズ、を持ってないから(汗)それと、魚眼レンズコンバータをかってみよーかなー。マクロもいいなー。

もう一点。昨日も書いたっけ・・・短文情報の捕捉。

「経験したことのない大雨」とは

多分最近の試験には学科で出るんだろうな、この辺・・・

なんか今日の私、注意力さんまんでした。文章も。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

風薫る

4月の「風光る」に対して、5月は「風薫る」なんだそうで。天気によって、香りの感じ方も変わります、とのことで、晴れの日は上昇気流なので香り成分が、空高く上ってしまう。香りが地上付近にとどまるのは、曇りや …

no image

雷とキノコ

雷の落ちたところには、キノコが良く生える、という言い伝え。 あー、これ、このまえニュースでやってた。岩手大学の先生が実証して、栽培に役立ててるんだって。 全国的にも、キノコの産地と雷の多い地域は、ほぼ …

no image

四月一日さん

そうかいて、わたぬきさん、と読むそうです。会ったことないなぁ。 五月七日でつゆりさん、六月一日でうりはり、むりはり、くさかさん、八月十五日でなかあき、あきなかさん、十一月二十九日でつめずめさん、12月 …

no image

朝ごはんで天気予報

「ひと夏に布団を着ないで寝る夜が10日あると豊作」という、空知地方のことわざがあるんだって。 ってか、布団も着るの?北海道弁? タイトルの朝ごはんの話は「お茶碗のご飯粒がくっついてなかなか取れないとき …

no image

春の彼岸参り

お彼岸の中日、というやつですね。太陽が真西に沈むから、春分の日と、秋分の日が彼岸なのか!(西=極楽浄土) このコラムにも載っているけど、北海道では、お墓を掘り出すところから始まる、春の彼岸参り。 私の …