紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

ハマナス

投稿日:

英語で「日本のバラ」と言われるハマナスの話題です。北に行くほど色が赤い、と言われ、稚内がもっとも赤いんだって!

さっそく、この前函館で撮った写真を検証してみなければ(w

斜里も十分、緯度は高いので・・・赤いほうなんだろうな。

って、この前、職場で、知床は道東か?という話でやや言い争いになったのだが

いや、私がアホなだけなだけど・・・

でも、本州の人とかに言わせたら・・・ねぇ。

それに北だと思うんだよなぁ、北海道の中心よりだいぶ。・・・・オホーツク海地方でいいじゃんー。道北でもいいじゃん。

なんか「道東」にプライド持ってます?よね・・・。

ちなみに、ハマナス北海道の花、ってかんじだけど、本州でも咲くんだよねー。

まあ私は山の民だから、見たことないけど。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

四月一日さん

そうかいて、わたぬきさん、と読むそうです。会ったことないなぁ。 五月七日でつゆりさん、六月一日でうりはり、むりはり、くさかさん、八月十五日でなかあき、あきなかさん、十一月二十九日でつめずめさん、12月 …

no image

種まき鳥

カッコウの別名。カッコウが鳴いたら種まきをしてよい、と。あ、本の誤字を見つけてしまった。 カッコウは寒がりで、平均気温12~13度になると戻ってくる渡り鳥。にぎやかに鳴く年は豊作、とも言われるんだって …

no image

なだれ

謎の新コーナー、キーワードはしもざらめ雪。 今日気になったこと、中学校の理科の教科書。 雪崩といえば、この前のイモトが南米で登山をする番組でも気にしてたな。冬山登山者には必須の知識なのだろう。 追記  …

no image

冬眠前のクマ

冬眠前でエサを蓄えるため、クマと遭遇する機会が増える、という話。気象?がらみでは、クマより風上にいれば匂いで逃げるので、風の吹いていく方向に向かって歩く(風下に向かって歩く、ということね)といい、って …

no image

不凍湖

支笏湖は、日本最北の不凍湖なんだって。支笏湖の最大水深が363メートルあり、日本で二番目に深い(一番は田沢湖の423メートル)だからなんだって。 凍らない湖だからこそ、「氷とうまつり」をやっている、湖 …











スポンサーリンク