紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

散る桜

投稿日:

例の、秒速50cm/sの話。落下速度は雪とほぼ同じです、と、佐田おじさん得意の話と同じニュアンスで書かれてるから、おそらく出典が同じなんだろうな。。。何の本に載ってるんだろ。。

加えて、一本のソメイヨシノには約60万個の花びらがあり、すべて地面に敷き詰めると、5~6畳の広さになるんだって。花の散る姿を「零れる(こぼれる)」とも表現し、「零れ桜」「桜颪(おろし)」という表現もあるんだって。

さて、今日はNHKのクロ現、ことクローズアップ現代、で竜巻の話題。

台風などでも、瞬間最大風速50~70m/sということもありうるけど、どうして、竜巻の被害は大きいのか?それは、うずの中心で吸い上げる力があり、地面のものを上方向へ垂直に巻き上げてしまう。巻き上げられた飛散物が、狭い渦の中にどんどんたまっていってしまうので、狭い空間に危険な飛散物がたくさんある状態にあるから、なんだって。

これは昨日、あまたつクンは答えられてなかった、もちろん私も知らん。

あと、今回、顕著な暖湿気流の流入があったことも、スーパーセルの発達を促した原因だと。やはり湿り気があると、より雲の中の回転する力が強まるらしい。(ちょっと論理省略してるとはおもうけど?)

・・・と、クロ現はなかなか、ためになったのだけど・・・・報ステが良くなかった。見てたわけじゃないんだけど、音だけ聞いてて、イラッとした(汗

そもそも、新聞のテレビ欄に「的中率1%」と書いてあって、そこ、強調するところじゃないだろ。いや、もちろん隠すつもりはないと思うよ、でもまだ竜巻のこと良くわかってない、っていう説明をつけてもらわないとさ・・・

登場してた自治体の防災担当者も、「竜巻”注意情報”」と「(他の気象)注意報」を混同しているような様子だったし、「的中率1%だから、自治体は市民への広報をためらってる」みたいな流れで編集してたけど・・・ちょっと違うんでない?

ああ・・こんなに気象庁をかばっているのに・・・なんで、表沙汰になるときは、いつもアンチ気象庁的な私が露出されてしまうのかしら・・・

天気の神様、日ごろの行いの悪さをお許しください。。。というか、修行が足りないのに口だけ達者なのが悪いんだよねきっと。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イネ科の花粉

北海道の花粉でシラカバより圧倒的に多い。飛散量は全体の70%次はヨモギで25%なんだって。シラカバ花粉の飛散が終わる5月末から、イネ科(主にカモガヤ)のピークになり、8月になるとヨモギ花粉に移るそう。 …

no image

海風と陸風が入れ替わる時間のこと。俳句の世界では、風死す、とも言うそうです。 まー、この辺は常識というか疑いようのない知識何で・・・ ただ、かならず朝夕が凪、になるかというと、そうでもない、って論文を …

no image

ラワンブキ

足寄町の「らわん地区」というところを中心に栽培されているからこの名前なんだって。例年だと6月上旬から収穫が始まり、7月のものは、加工用になるんだって。 足寄の観光ポスターに、このフキと松山千春が一緒に …

no image

ユキノシタ

10/26分。 エノキダケの別名なんだって。野生のものは売ってるのみたいにひょろひょろしてなくて、軸も太いんだって。 野生のエノキダケは初夏の頃と降雪の頃に柳などからでてくるという話。 さて、こういう …

no image

ひな祭り

そんなに雅な思い出とかはないけど、母が毎年寒い中、7段飾りのお雛様を出してくれた。 北海道ほどではないけど、岩手の3月はまだそれなりに寒い。人形の一体一体に帽子(烏帽子とかいうやつ)をかぶせたり小物を …