紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

雨降り花

投稿日:

ああ、もう立夏、過ぎたのか・・・

ヒルガオ、シロツメクサ、ギボウシ、ホタルブクロなどは、摘んだら雨が降るといわれている。梅雨の時期に咲くことが関係しているのでしょう、とのことです。

宗谷地方では、エゾエンゴサクが雨降り花なんだって。詳しい理由は書いていない・・・雨の日のほうが紫が鮮やかに見える、と書いているけどそうかな?雨が降ってる最中に見にいったことはないな。

さて昨日は、「竜巻が出そうなことは、大体どれくらい前にわかるのか?何でわかるのか?」と聞かれて、

大体前の日くらいにわかります。予想天気図に大気の状態が不安定ですと出るからです。と答えたら笑われてしまった。

なんで今日、日ハムが勝ったのか?と聞かれて、10点取ったから、と答えたようなもの?全くの天然だったんだけど。。。(汗)

そもそも、よほーしの試験は、「この日、○○地方には大雨が予想されているが、予想支援資料を解析し、なぜ大雨が降るのか述べなさい」みたいな実技が多いから、毒されてるんだな・・・

朝の天気予報で「今日は全国的に大気の状態が不安定です」と言っていたら、気をつけたほうがいい。

なんでそれがわかるかっていうと・・・性質の違う気団が大きい範囲でぶつかり合うことが、前日から予想されてるってことは、相当広範囲で不安定なわけで・・・

それだけ積乱雲が発達する可能性が高い。

たいていは上空に寒気が入ってくるんです。と、この辺をさらっと説明できればよかったのか。

・・・と、どうしたら突っ込まれないで説明できるか、を考えるようになったらよくないな、とは思うのだけど(仕事でやってるわけじゃないんだし)、それが大人の対応というものなのかもしれない・・・

ああ、ちなみに「大気の状態が不安定」といわれて、普通の人は、雨が降ったり、天気になったり、「天候が不安定」っておもっちゃうのかな?ワレワレは、大気の状態が不安定=積乱雲モクモク発達、と固定観念を持っているのだけど。

そのわりには、天気予報でよく言うよね・・・

しっかし、条件付不安定のことを調べようと思って、久しぶりに過去問題を見たら、良くこんなのとけたねーと、感心しきり。絶対もう無理。合格者の年齢層ってどれくらいなんだろう?

そうそう、今回の北関東の竜巻が、スーパーセルじゃないかって話が出てて(結論が出るのかはわかんないけど)

ツイッターでも初めて聞いたって言ってる人がいて

https://twitter.com/#!/inouexpo/status/199146074315821056

まあ、スーパーセルはマニアックなのでしょうがないかな、と思うんだけど、ダウンバーストは私が子どものころにはすでにメジャーだった気がするけど?

この方は、放送の構成作家をされているので、それくらい知っていてもよさそうな気がするんだけど。

と思って調べたら、(といってもwikpediaセンセーなのだが)

ダウンバースト

日本でメジャーになったキッカケの事故は花巻空港だったらしい。それでよく覚えてるだけなのかな?

これくらいみんな知ってるだろう、ということも、以外にまだ知られてなかったりするのかも。

言葉だけでも知ってもらえたら、啓蒙にはなるのかもしれない、こういう出現頻度の低い現象は、少ない機会に騒いでおくのに越したことはない気がするので。

 

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ふたご座流星群

ああ、充実した一日はあっという間にすぎるなぁ・・・明日も休みのような気がしてならない・・・ 十二月中旬にあらわれるふたご座流星群。見ましたよみましたよ。今年は13(木)の夜で。。。もう少し早い時間に見 …

no image

5月の嵐

MayStormは和製英語。メイストームの話、前にも書いたな。 春財布 4/4、爆弾低気圧の回。 えっと・・・あのときの爆弾低気圧、メイストームに天気図が似てたんだ、って話は思い出したけど、どんな被害 …

no image

防災とボランティアの日

1995年の今日、阪神淡路大震災。被災地でのボランティア活動が見直されるきっかけに。北海道では避難経路や非常階段が雪に埋もれていないか、しっかり除雪するのも防災のうちです。という話。 あの日から18年 …

no image

融雪注意報

今日にぴったりのお題。 土砂崩れ120人避難 歌志内の道道 川岸の雪が10センチ解けると、50ミリの大雨が降ったのに相当し、川の水位が上がると。雪解けの時期は意外と危ないのですね・・・ 春になってウキ …

no image

九十九夜の泣き霜を過ぎて

八十八夜の別れ霜、に続く言葉だそうです。九十九夜あたりは、遅霜に泣かされることがある、という・・・ 過去の遅霜の被害は、北海道では6月が多いんだって。風がなくて晴れている日・・・放射冷却のときですな・ …











スポンサーリンク