紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

お花見の予算

投稿日:

全国平均は2177円。少ないワーストは、長崎、徳島、富山。多いのが、青森、鹿児島、栃木、四位が北海道!

いいねー、一番派手に使う県で花見してみたい!弘前行きたい!でも花見の時期って、遠くだと狙っていけないから難しい。

今日札幌で突然(というわけでもないが)開花宣言出されてたけど、気象協会の予想が5/4。三日もはやいし!そもそも、開花予想もコロコロ変わる(と、今年仕事でちょっと気にしてたら、初めて気づいた・・・)普通の天気予報と同じなんだな。

桜の時期の京都が見たい、と思って二回くらいチャレンジしたけど、あらかじめ取ってあった年休とはすれ違い・・・やはり地元の桜をめでるのが、庶民には精一杯なのか。

さて、今日は気象ネタ色々ありましたね(私的にも大変だったけど)。北海道直撃の黄砂と、フェーン現象。

斜里の最高26度!建物の中のほうが涼しかった。そして外はほこりっぽかった。

ほー、黄砂情報って気象庁から出てるんだ・・・

ツꀀ
でも実測は、目視で観測できるレベルの話なんだな。

予測図のほうは、過去データ見られない。

気象庁 黄砂予測図(地表付近の黄砂の濃度)

HTB 道内各地で黄砂が飛来 洗車場には次々と車

今朝、砂漠は一年中、中国にあるだろうに、なんで春に黄砂がやってくるんだ?という雑談になった。

私は偏西風の流れが、春は中国から日本を直撃するから、的なことを考えたが、一緒に話してたGセンセは雪が解けて植物がまだ生えてないとかが関係するのかなー?と言っていた。

wiki先生によると、私のが△、Gセンセのが○ってところだな。

シベリア高気圧が弱まるから、大陸では偏西風が強まるのか。植物のことは確かに理由のひとつらしい。

 

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

よさこい

よさこい、というタイトルでいいのかが気になるんですけど。本家のことを忘れてやいませんか?(汗 祭り期間中、もっとも暑かった「高温ソーラン大賞」(このネーミングセンスは結構好き。いいぞ菅井!)が1999 …

no image

雪解けはくもり空

この時期に、雪がたくさん解けるのは、実は晴れの日ではなくて、曇りの日。南風で暖気が入ることが多いから、とのことです。 地形にもよるでしょうが、日射よりは温度が大事ってことでしょうか。 今日、家を出たと …

no image

一陽来復

12/21分 おお、一発変換された。いちようらいふく、だって。 昔の人はこの時期に日がどんどん短くなるので太陽がなくなってしまうと心配し、当時を境に日脚が伸びることに安心して「一陽来復」を祝うんだって …

no image

リシリアンブルー

他に、積丹ブルー、オホーツクブルー、サロマブルーが載ってた。オホーツクブルーは、そういう色名を決めただけで、空とか海とか限定して指しているわけではないらしい。 知床の空は時々碧いから、そういう冬の空の …

no image

食欲の秋と体重計

遠心力の関係で、沖縄で60キロの人は北海道では60キロ+80グラムになるんだって。赤道に近いほど空に向かって引っ張る力が強いからなんだって。 体重計メーカーは北海道、本州、沖縄と仕様を三種類に分けてる …











スポンサーリンク