紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

お花見の予算

投稿日:

全国平均は2177円。少ないワーストは、長崎、徳島、富山。多いのが、青森、鹿児島、栃木、四位が北海道!

いいねー、一番派手に使う県で花見してみたい!弘前行きたい!でも花見の時期って、遠くだと狙っていけないから難しい。

今日札幌で突然(というわけでもないが)開花宣言出されてたけど、気象協会の予想が5/4。三日もはやいし!そもそも、開花予想もコロコロ変わる(と、今年仕事でちょっと気にしてたら、初めて気づいた・・・)普通の天気予報と同じなんだな。

桜の時期の京都が見たい、と思って二回くらいチャレンジしたけど、あらかじめ取ってあった年休とはすれ違い・・・やはり地元の桜をめでるのが、庶民には精一杯なのか。

さて、今日は気象ネタ色々ありましたね(私的にも大変だったけど)。北海道直撃の黄砂と、フェーン現象。

斜里の最高26度!建物の中のほうが涼しかった。そして外はほこりっぽかった。

ほー、黄砂情報って気象庁から出てるんだ・・・

ツꀀ
でも実測は、目視で観測できるレベルの話なんだな。

予測図のほうは、過去データ見られない。

気象庁 黄砂予測図(地表付近の黄砂の濃度)

HTB 道内各地で黄砂が飛来 洗車場には次々と車

今朝、砂漠は一年中、中国にあるだろうに、なんで春に黄砂がやってくるんだ?という雑談になった。

私は偏西風の流れが、春は中国から日本を直撃するから、的なことを考えたが、一緒に話してたGセンセは雪が解けて植物がまだ生えてないとかが関係するのかなー?と言っていた。

wiki先生によると、私のが△、Gセンセのが○ってところだな。

シベリア高気圧が弱まるから、大陸では偏西風が強まるのか。植物のことは確かに理由のひとつらしい。

 

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

初冠雪

冬は山からやってくる 曇っていると地上から確認できないため初冠雪にならない 各山の平年日 旭岳9/25 手稲山10/16 利尻山10/3 斜里岳10/13 横津岳10/25 富士山9/30 初冠雪の後 …

no image

牧草ロール

牧草の水分量 刈り取り直後の生の草・・・80~85% →貯蔵用の干草・・・20% 草の量を3トン(10アールあたり)とすると、約3トンもの水を蒸発させるんだって。 収穫、乾燥作業は「かんかん照り」が二 …

no image

凍る海

2/2分 オホーツク海は流氷の来る世界最南端の海。アムール川から流れ込む淡水の影響で海の表層の塩分濃度が低いので。 オホーツク海の塩分濃度は3.25%しかないため(しか、といわれても標準値が)-1.8 …

no image

ササラ電車

24日分 札幌に市電がはしったのは大正のはじめで、大正の終わりにササラ電車が発明されたんだって。 うーん、それだけかな・・・

no image

てるてる坊主

てるてる坊主の由来は、「掃晴娘」(サオチンニャン、ソウチンニャン)という中国の、雨雲をほうきで掃く晴れ娘、なんだって。坊主、だから仏教関係なのかと思ってた。。。というかそういう話がすきなラノベにあって …











スポンサーリンク