紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

紅雪(こうせつ)

投稿日:

そういえば、南こうせつ、のこうせつ、はどういう由来なんだろう・・・

あー、本名なんだ。高節。そういえばお寺の息子さんだった。なむなむ。

と、いきなり横道に迷い込んでしまったが。。。

北海道では雪がまだ残るこの時期、黄砂が飛んできて、雪が赤く染まる様子を「紅雪」、といったそう。

そういえば、北海道にも黄砂は飛んでくるのかねー?という話に飲みかいでなったことがある。

そういうときに、このネタを知ってたらよかったな(笑)

2000年以降、日本に飛んでくる黄砂が増えているのは、中国の乾燥化と森林破壊が原因、といわれているらしい。

昔、中国の砂漠緑化プロジェクトに、ものすごくあこがれていた時期があり、緑化協会にも一時期入っていた(汗)

就職して、お金が自由になったら、絶対参加しよう!と思っていたが、こんどは時間が作れず・・・・

そのうち、その協会が不祥事でなくなり・・・(汗)

他のルートで・・・というか、所属していたグループ会社で、砂漠方面か、熱帯雨林方面の植林ボランティア事業をやってたので、いこうと思えばいけたんだけど、なかなか、長期研修とかって言い出しにくいものだ。

それなりのステータス(この場合、いかに仕事を引き受けないか、という器用さ、一種のずるさ、もしくは頑なさを指す)を確保していないと難しい。私が一番苦手な方面。

あと、大学のとき、内蒙古出身の留学生の方がいて、えー、あのボランティア行きたいの?!絶対やめたほうがイイ!っていわれてちょっとおじけづいたのもあったかな。

でもロマンだよなー、砂漠緑化って。いつかの夢に取っておこう。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

どんど焼き

やっと、今日のテーマにたどり着きました。 ハァハァ (;´Д`) 小正月までを松の内として、しめ飾りや門松などの正月飾りを神社で焼いてお払いしてもらう。この煙にあたると風邪を引かない、といわれている。 …

no image

お鍋の季節

最高気温が13度以下になると、夕食に鍋やおでんを選ぶ人が増えるんだって。 白菜は一年中、日本のどこかで栽培されていて、秋に新白菜の出荷が始まる北海道は、お鍋の季節にあわせたかのよう。とのこと。めぐまれ …

no image

春財布

「春」の語源が「張る」(つぼみが大きく膨らむ)「墾る(はる)」(開墾する)「晴る」たんぼに水を「はる」などの説があるそう。で、「春財布」は縁起がいいそう。 あまり財布にこだわりがあるほうではないので、 …

no image

雷とキノコ

雷の落ちたところには、キノコが良く生える、という言い伝え。 あー、これ、このまえニュースでやってた。岩手大学の先生が実証して、栽培に役立ててるんだって。 全国的にも、キノコの産地と雷の多い地域は、ほぼ …

no image

冬至

今年の冬至は、昨日だったんだよね・・・?洋食な気分だったので、カボチャスープをつくりました。 北海道では小豆とカボチャを甘く煮た「小豆カボチャ」やカボチャ団子。 地域によっては、冬至を過ぎてカボチャを …











スポンサーリンク