紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

リシリアンブルー

投稿日:2012年2月25日 更新日:

他に、積丹ブルー、オホーツクブルー、サロマブルーが載ってた。オホーツクブルーは、そういう色名を決めただけで、空とか海とか限定して指しているわけではないらしい。

知床の空は時々碧いから、そういう冬の空の色を知床ブルー、知床ブルーと私が言い続けたら定着するだろうか。むしろ山がすごく碧いからそっちのほうがいいか。

北海道は知床まで来なくても、充分北海道らしい。そこここの人が、我が地区こそ北海道だと愛して、○○ブルーと付けている。

ちなみに・・・むしろ知床は、究極の北海道かもしれないけど、日本ではない。

成果主義とかお客様第一とかお客様のお客様だとかいう念仏は一切流れていない。競争原理は働いているかもしれないけど、動物の生存競争と同じ性質だ。消費第一の一般的日本社会で生まれて、そこに貢献したいと思って生きてきたけど。

みんな人間が自然の中で生かされていることをわかってるので、この辺の人は無駄な欲がない。違う価値観の社会があると日本にいながら体験することができた。プチ海外留学だ。自分探しの旅(w

でも「少なくとも心は僕より健康」なのかと言われると危ういものを感じる。

両方を行き来してしまった人には辛そうだ。東京とか都会で抱え込んでしまった毒の入った風船がこちらではじけて、自分がやられてしまう妄想が何回も浮かんでしまった去年だった。

話それまくりだが、函館と斜里駅前が混ざった街でカフェに行く夢を見て、今日は朝からそんなことを考えてしまった。

テレビから栗コーダーの「おじいさんの11ヶ月」。最近良くかかっている。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

山笑う

今日はいろんな言葉が載っている。 山笑う(春)山滴り(夏)山装う(秋)山眠る(冬) という、季語。 「山際の集落から雪が解け始めるのは豊作のしるし」「春に雪が急に消えると豊作、消え方が遅ければ悪し」 …

no image

雪形

倶知安町の西方向のワイスホルン(そんな地域あるんだ・・・)では「白い馬」、利尻岳には猫の顔、暑寒別岳は竜、遠音別岳(中標津?のほうから見るはず)では見返りギツネ、旭岳はタンチョウ、だそうです。 ちなみ …

no image

天気図の日

2/16分 1883年のこの日、東京地方代で初めて天気図が作られたんだって。鉄道駅舎や派出所など人通りの多いところに張り出されるようになったと。翌年からは、ドイツ人 エリヴィン・クニッピングの指導で七 …

no image

けあらし

よく晴れた冬の朝。釧路港では、気温がマイナス15度まで下がり、穏やかな北東の風でよく発生する。海水温の高い日本海側では、釧路ほど気温が下がらなくてもよく見られ、留萌の海岸ではこの時期おなじみの冬霧です …

no image

気象レーダー

富士山レーダーが運用を開始した日、とのことで、このお題。北海道の気象台管轄のレーダーは、毛無山、昆布森、横津岳の3箇所。・・・あれ、飛行場のは気象庁じゃないのかな? 追記 各気象台の管轄には入っている …











スポンサーリンク