紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

真冬の熱気球

投稿日:2012年2月24日 更新日:

今日で3日目。三日坊主にするなら明日でやめる?今週末は乗り越えても来週末で忘れる気がする・・・

今日はまさに北海道らしい言葉。夏のラフティングとかも、日本で他に本格的にできるところはないんだろう。そういうのすごいな、ってあこがれないと、すごさに気づけないかも。

前の会社でも、グライダーやってる人がいたけど、どうもスカイスポーツ系は踏み込めない。子どものころは憧れたのに。パラグライダーだけは今でも気になるけど。

さて今日も、人生にエゾヤチネズミが現れた。ケヤマハンノキ。どうしてこう、色々かぶるんだろう?

SEを定年までしていたら、絶対知らなかったであろう、いきものたち。

生き物って、チワワとかのこと?動物はケニヤに見に行きます。という人生と、どっちがいいんだろう。いい悪いというか、どっちが好きか?

自分の深いところに問いかけると、また道を踏み外してしまいそうなのであまり考えない。

さて、高層天気図のところに載っている鉛直断面図と、試験に出てくる雲断面図と、都市毎の鉛直断面図について思い出してみたところ、普通に公開されているやつはやはりジェット気流をつかむくらいしか使い道はなさそうだ。

4月になってもこの気持ちが続いていたら、「晴れてほしーの」が使える会員に復帰しよう、今度こそ。

追記 LUMIX ムービー一眼講座 「うまい!」と言わせるムービー一眼の撮り方

うーん、やっぱりその、ビデオ講座的な辺りは高校のときに教わったから、やっぱり私の場合、カメラのことがわかっとらんのだな。

追記 えー、動画をやいたりしてる間に、昔のマリ見てカテゴリの記事を読んでみた。その日私はプーだった、いや主婦だった。それはそれで幸せそうだ。でもなんでか涙が出そうになる。あれー画質低い動画の方が、時間かかってない?まあ職場のノートよりは処理が早い。えっへん。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

燕雁代飛

燕雁代飛(えんがんだいひ)って読むんだって。夏鳥が去り、冬鳥が来る季節のことだって。 「雁行」は、雁のV字編隊のこと。秋の風物詩。 「雁渡し」(かりわたし)は、渡り鳥を運ぶ秋の風。 「雁の涙」は、秋の …

no image

春一番

春一番、に季節感を感じるのは関東の人なんだろうか。 北海道以外の気象台では毎年発表しているようなので、岩手でもあったはずだが、あまり記憶にない。 仙台あたりだったら、平野だから実感あるのかな?

no image

大晦日のおせち

昨日書いた、年末低気圧、が30日のお題で、今日のが29日のでした。 内地の人が驚く北海道の習慣。大晦日におせち料理を食べる。。。。って、うちでも食べてましたけど??? 昔の暦では太陽が沈むと日付が変わ …

no image

雪虫

そういえば今年まだ雪虫見てない・・・ アブラムシの一種、トドノネオオワタムシ。夏はトドマツの根元の地中にいるんだって!地中の温度が低くなったら、ライラックやヤチダモに産卵のため引っ越す。この引越しの最 …

no image

なだれの種類

なだれは、大きく分けて表層なだれと、全層なだれの二種類があり・・・ という話題。この辺は、近年のなだれ災害で、よく報道されている気がする。 最近では、秋田の玉川温泉。「これまではこんなことはなかったか …











スポンサーリンク