紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

真冬の熱気球

投稿日:2012年2月24日 更新日:

今日で3日目。三日坊主にするなら明日でやめる?今週末は乗り越えても来週末で忘れる気がする・・・

今日はまさに北海道らしい言葉。夏のラフティングとかも、日本で他に本格的にできるところはないんだろう。そういうのすごいな、ってあこがれないと、すごさに気づけないかも。

前の会社でも、グライダーやってる人がいたけど、どうもスカイスポーツ系は踏み込めない。子どものころは憧れたのに。パラグライダーだけは今でも気になるけど。

さて今日も、人生にエゾヤチネズミが現れた。ケヤマハンノキ。どうしてこう、色々かぶるんだろう?

SEを定年までしていたら、絶対知らなかったであろう、いきものたち。

生き物って、チワワとかのこと?動物はケニヤに見に行きます。という人生と、どっちがいいんだろう。いい悪いというか、どっちが好きか?

自分の深いところに問いかけると、また道を踏み外してしまいそうなのであまり考えない。

さて、高層天気図のところに載っている鉛直断面図と、試験に出てくる雲断面図と、都市毎の鉛直断面図について思い出してみたところ、普通に公開されているやつはやはりジェット気流をつかむくらいしか使い道はなさそうだ。

4月になってもこの気持ちが続いていたら、「晴れてほしーの」が使える会員に復帰しよう、今度こそ。

追記 LUMIX ムービー一眼講座 「うまい!」と言わせるムービー一眼の撮り方

うーん、やっぱりその、ビデオ講座的な辺りは高校のときに教わったから、やっぱり私の場合、カメラのことがわかっとらんのだな。

追記 えー、動画をやいたりしてる間に、昔のマリ見てカテゴリの記事を読んでみた。その日私はプーだった、いや主婦だった。それはそれで幸せそうだ。でもなんでか涙が出そうになる。あれー画質低い動画の方が、時間かかってない?まあ職場のノートよりは処理が早い。えっへん。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

お鍋の季節

最高気温が13度以下になると、夕食に鍋やおでんを選ぶ人が増えるんだって。 白菜は一年中、日本のどこかで栽培されていて、秋に新白菜の出荷が始まる北海道は、お鍋の季節にあわせたかのよう。とのこと。めぐまれ …

no image

啓蟄

啓蟄、は天気予報の歳時記解説でも、他に比べて頻出するような気がする。 二十四節気の中でも、動きがあって(虫が這い出てくる)説明しやすいからか。 雨水、とか、イメージしにくいものね。あっ、wikiped …

no image

いい風呂の日

今日はいい風呂の日だったのかー 鹿部町は泉源が30箇所以上あるんだって。でっかい間欠泉も。 1941年のこの日は、北大に低温科学研究所ができた年でもある。

no image

白い石炭

やっと追いついた・・・明日が記念すべき、1年続けた記録の最後の日なので・・・追いついておきたかった。 中谷宇吉郎博士の言葉「雪は人間の生活に害を与えるばかりではない。これを利用すればすこぶる有用なもの …

no image

ジューンブライド

ケッコンの女神、「ジュノー」が6月をつかさどるため、今月結婚すると幸せになれる、と。また、イギリスでは、農作業で忙しい3-5月の結婚は禁止され、解禁の6月が多かったとか。気候に恵まれるとかの理由がある …











スポンサーリンク