紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

黒千石

投稿日:

11/5分

畑作の中でも、豆類は低温の影響を最も受けやすいんだって。黒千石、は普通の大豆に必要な積算気温2400度より高い2700度が必要で、限られた地域でしか作られない。現在は北竜町を中心に栽培されてるんだって。免疫力を高める効果があり、栄養価が高いんだって。

なるほど、ときどきお土産に使われているあの豆は、そういう由来があったのか。ぜーんぜんしらなかったー。

さてさて、今日網走からの帰り道、漁火が見えた。・・・でもあまりみんなツイートしてなかった。ひょっとして前から出てた??去年はニュースになってたよね?

で、ちょうど霧もかかってて、幻想的な感じだったので車を止めて写真を撮った。でも・・・せっかく寒い中撮影したのに、またピントあってなかった・・・(;;)

Gセンセイもこの前、オートフォーカスになってるとおもってしーばらく撮影してからマニュアルになってることに気づいた、っていってたからなぁ。誰でもありうるよね?

ってか私の場合、なんか毎回で(特に夜)、さすがにもうイヤになってきた。同じところで間違いが続くと、投げ出したくなるタイプ。「今ピントがマニュアルですけど大丈夫ですか?」とかしゃべってくれるカメラないわけ?!もう無理です私には!

オートフォーカスにしかならないようにマイコン上書きしてやりたいわ。それか電源入れるたびにオートに戻ってほしい。ファインダーつけたらまたちがうのかなぁ。液晶画面で見てると、ピントあってるような気になっちゃうんだよね。何かまた、カメラとの仲が疎遠になってしまったような一件でした・・・。明日も漁り火出てそうだったら・・・またがんばろうかな・・・

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

春の色

中国では、春は青、のイメージなんだそう。北海道の春の色は百花繚乱ですね、で締められてるが、その話はすでに書いてしまった・・・ そうですね、今日はどちらかというと寒の戻りの一日。今朝最低気温-17度くら …

no image

山開き

嗚呼一日が経つのは… 7月1日は多くの山で山開きが行われる日、昔は山に登るのは信仰行事だったので、一般の人は夏の一定時期だけ許されていた。その名残で、今も山開きがあるんだって。

no image

蜃気楼

道内では石狩湾周辺、オホーツク海沿岸、別海町尾岱沼、国後島方面、苫小牧から日高でも確認されている。と。まあ、海があれば何らかの蜃気楼が見えることはあるはずで。 小樽の高島おばけ、は有名。ちなみに有名に …

no image

エゾ梅雨

なんで今日がこのテーマなんだろ。 梅雨がないといわれている北海道でも、近年梅雨に無縁ではなくなって来たようで、と書いてあるけど、どれくらい前からあることばなんだろ。。。 あとでもうちょっと調べるとして …

no image

「う」のつく食べ物

7/22分 土用丑の日の話題。もともとは、丑の日に「う」のつく食べ物を食べると夏負けしない、という話で、それを平賀源内がうなぎやさんの相談に乗って、広めるきっかけとなった、という経緯があるんだって。 …











スポンサーリンク