紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

フェーン現象

投稿日:

8/25分

(言い訳)この数日、夜、体調悪くてどうも、波があるんだよな~私の腹。。。一旦下り気味になると、長期間そのまま。。。とまあそんなことはどうでもよくて。

さすがに2日分記事ためるとツライな。。。がんばって書きます。

さて、フェーン現象。あれ、初出のお題?

25日の日に、知床横断道路の途中くらいまでドライブに行って、羅臼側の山の中をちょっとお散歩した(ほんとにちょっと)

昼ごろ、向こうに抜けたときは、羅臼の町のあたり、下のほうまでしか雲はかかってなかったんだけど、帰る15時ごろになったら、どんどん山を雲が上ってきて、知床峠の駐車場のあたりでも霧が出てた。ただし、シャリ側へ抜けると晴天、というよくあるパターン。

風上の羅臼側で霧発生。その風が斜里側へ吹き降りると、見事、フェーンの発生です。

・・・がしかし、そんなにあったまらないこともあって。土曜日はそうだったな。元の空気の暖かさと湿度によって、温度の上がり具合は違ってくる。。。んだよね、その辺はエマグラムでご確認ください。。。

この前の2層のフェーンの話もあるけど、吹き上がった風が吹き降りるかどうか。。。そのまま上空を流れていく場合もあるわけで。。。風下側の大気の状態が関係してくるのか?

と、仮説を立てて、過去の研究を探すまではできるけど、検証するのは意外にやられてないんだろうな、一々、地域ごとには。

さて、本に戻ると、帯広で37.8度、網走で37.6に上がった記録が紹介されている。

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-とある歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

春一番

春一番、に季節感を感じるのは関東の人なんだろうか。 北海道以外の気象台では毎年発表しているようなので、岩手でもあったはずだが、あまり記憶にない。 仙台あたりだったら、平野だから実感あるのかな?

no image

土用

広く知られている夏の土用だけではなく、実は一年に4回あって、立春、立夏、立秋、立冬の18日前を土用、というんだって。 稲の成熟と深い関係にある土用だけが注目されるようになったといわれるそう。「土用十日 …

香りは控えめに

あー一日経つのはやい… 湿度が高い日は香水の香りがいつもより強く感じ、持続時間、残る時間も長くなるのでいつもより少ない量をつけるように。というはなし。

no image

ハマナス

英語で「日本のバラ」と言われるハマナスの話題です。北に行くほど色が赤い、と言われ、稚内がもっとも赤いんだって! さっそく、この前函館で撮った写真を検証してみなければ(w 斜里も十分、緯度は高いので・・ …

no image

春のライオンと子羊

三月はライオンのようにやってきて、子羊のように去っていく、というイギリスの諺なんだって。 今日は少ししっとりした雪が夕方から強くなってきた。春らしい雪の感じ。 本州で雨を降らせた低気圧がちゃんとここま …