紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

雲をつかむ話

外接ハロと内暈(2012/07/16 その1)

投稿日:

記事のソートがうまく出来ないのイヤなので、過去の写真からさかのぼって時系列で投稿するつもりだったけど、記憶が確かなうちに書いたほうがいい面もあるなと・・・時間のあるときだけでも。ということで今日の分。

朝から目撃

【カメラ情報】

DMC-GF1

1/1000s f/13.0 ISO: 100

レンズ焦点距離: 9.0mm(35mm相当: 18mm)

【撮影情報】

2012/7/16 8:48:30 ※むむっ、これはっ!カメラの時計5分くらいずれてるな!これじゃあ遅刻だ・・・出勤直前に撮ってます

場所:斜里町本町のどこか(43.91,144.67)

太陽高度:49度くらい

朝、出勤中、進行方向の空にきれいな虹色が・・・じーん。(汗)

えっと、もっと、早起きしてたら、ひょっとしてタンジェントアーク(外接ハロの高度低いとき)とか見れたのかも・・・無念。

つうか、この時間でもう、外接ハロになってるんだったら、私には見るの無理でない?夕方を狙うしかないの?

この後、上下のハロはだんだんハッキリしなくなり・・・普通の日暈っぽくなりました。

普通の日暈ぽいかんじ

前の写真の36分後ですね。だんだん雲が厚くなり。ただし、この後も一日中、同じ感じで見えてました。

今日は一日、さわやかなうす曇りな感じで。夜も半そででOK、かといって汗をかくわけでもなく。本州は梅雨末期の豪雨と猛暑だというのに、申し訳ながんす(盛岡弁)。

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-雲をつかむ話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

”ふつうの”彩雲

【カメラ情報】 DMC-GF1 1/4000s f/6.3 ISO: 100 レンズ焦点距離: 20.0mm(35mm相当: 40mm) ※マイカラーモード:ポップ 【撮影情報】 2012/12/25 …

雲海の定義

家族の希望もあって、津別峠の雲海を見に行ってきました、近頃話題の。 実は前から気になっていたことが。 ・・・はたしてこれは「雲海」なのか? 私みたいに生半可に気象をかじっているレベルの人には通じると思 …

環天頂アーク、幻日

電線じゃまっ。でもこのときが一番きれいに出ていたの。きづいてから15分くらいでわからなくなりました。 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/500s f/10.0 ISO: 100 (スポット測光、マイ …

幻日(2012/07/16 その2)

わかるっ?わかるっ?太陽の右側だよー。矢印つけないよっ、わかるよね? 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/500s f/11.0 ISO: 100 レンズ焦点距離: 18.0mm(35mm相当: 36 …

外接ハロ(2012/07/03 その2)

7/3は、その4、まで書く予定・・・(^^; 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/800s f/13.0 ISO: 100 レンズ焦点距離: 9.0mm(35mm相当: 18mm) 【撮影情報】 20 …