紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

雲をつかむ話

外接ハロ(2012/07/03 その2)

投稿日:

7/3は、その4、まで書く予定・・・(^^;

外回りに出て最初に気づいたとき

【カメラ情報】

DMC-GF1

1/800s f/13.0 ISO: 100

レンズ焦点距離: 9.0mm(35mm相当: 18mm)

【撮影情報】

2012/7/3 14:54:02

場所:斜里町本町のどこか(43.91,144.66)

太陽高度:41度くらい

この写真と同じような感じで、下部のハロだけが写ってる感じの道内の写真がtenki.jpにこの日出てて、「環水平アーク?」とコメントされていたけど・・・瞬殺で「違うね~!」とわかって、ちょっと嬉しかった。やはり見慣れるというのは大事なんだな・・・人間のパターン認識能力って、侮れないっすね。まあ、まだ駆け出しなので、何か見落としてないとも限らないけど。

環水平アーク、といえば・・・この前、空色博物館さんの季節はずれの環水平アーク circumhorizontal arc in the night を見て感動した。。。夜でも見えるのか・・・なんと!
 
低層の雲が減ってきた

【カメラ情報】

1/1300s f/14.0 ISO: 400

レンズ焦点距離: 9.0mm(35mm相当: 18mm)

★マイカラーモード ポップ

【撮影情報】

前の写真の13分後、場所はだいたい同じ。

あとから画像をうまく加工する自信もないし、どう加工しました、と書けばいいのかもわかんないので、極力後から加工はしない方針。とりあえずいろんなモードで撮ってみて、よさげなのを載せて、その旨、書いておこう。

別のモードで撮ってみた

【カメラ情報】

1/800s f/13.0 ISO: 100

レンズ焦点距離: 9.0mm(35mm相当: 18mm)

★マイカラーモード ダイナミックアート

【撮影情報】

前の写真の7分後、場所はだいたい同じ。

2枚目の写真と違うモードだけど、ほんの数分で雲の雰囲気が違っているのがわかる。こちらのほうが、内暈と外接ハロが両方良く見えてる!

さて、この後さらにミラクルが・・・この日はほんと、「巻層雲休暇」をもらって帰りたい、と切実に思いました・・・

その3へ続く・・・

-雲をつかむ話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

”ふつうの”彩雲

【カメラ情報】 DMC-GF1 1/4000s f/6.3 ISO: 100 レンズ焦点距離: 20.0mm(35mm相当: 40mm) ※マイカラーモード:ポップ 【撮影情報】 2012/12/25 …

環天頂アーク、幻日

電線じゃまっ。でもこのときが一番きれいに出ていたの。きづいてから15分くらいでわからなくなりました。 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/500s f/10.0 ISO: 100 (スポット測光、マイ …

「気象と芸術」を見てきた

先月職場に届いたポスターとチラシ。 おお、初めて聞いた気がする。気象テーマの芸術展。確かにこういうのって、こじつけでがんばって関連作品を集めてるケースが多い。チラシも、ブロッケンはすごいけど、(こうい …

幻日(2012/07/16 その2)

わかるっ?わかるっ?太陽の右側だよー。矢印つけないよっ、わかるよね? 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/500s f/11.0 ISO: 100 レンズ焦点距離: 18.0mm(35mm相当: 36 …

雲海の定義

家族の希望もあって、津別峠の雲海を見に行ってきました、近頃話題の。 実は前から気になっていたことが。 ・・・はたしてこれは「雲海」なのか? 私みたいに生半可に気象をかじっているレベルの人には通じると思 …











スポンサーリンク