紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

ホタル

投稿日:

一日の最低気温が14-15度以上になるころ、ホタルの飛ぶ姿が見られるようになる。道内に生息してるのはヘイケボタルなのかー。

B博物館で展示を見たけど、スッカリ忘れてました(w

ホタル鑑賞に適しているのは、雲が多くて蒸し暑い夜なんだって。なんでだ?日没後から2時間くらい。ホタルが見られる期間は九州で4ヶ月くらい、、関東で2ヶ月以内、ホタルの里沼田町では7月から8月上旬だって。北に行くほど短いそう。

さてさて、今日は昼過ぎくらいから、空が巻雲系で・・・環水平アークの時間はまだ低い雲だったと思うんだけど・・・

内暈がきれいに出てて、ちょうど、外回りで町に出てて、カメラも持ってたので、歩きながら写真取りまくりました(^^;

さらに、下部ラテラルアークも目撃。色が薄くて、レア度も高め。

というか、環天頂アーク見たいんですが。天頂付近に出るため、見やすいということになってるけど、私一回しか見てません、確か。

なんで今年、彩雲ウォッチングに夢中になってるのか・・・やっぱりカメラできれいに撮りたい、という欲が出てきたのがあると思う。

写真があると、何かとネタに使える、と知ってしまったから・・・(汗

あと、せっかく見れたのに、うまく写真に取れてないと悔しい。で、また見たい。となる。

でも、この趣味、都会でやってたら、かなり危なくてキケンだよなぁ・・・「極光」の歌詞にある、プロペラに巻き込まれた話を地で行ってしまうぞ・・・

なんとか斜里にいる間にコンプリートしてしまいたいものだ・・・・なんて・・・

ちなみに、こういう空は数日続くことがるので・・・明日あたりも要注意な感じの天気図でした、まあ、実際に空を見てからの相談なんですが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

虎落笛

ぴゅー、と響き渡る冬の風のことなんだって。虎落(もがり)とは、竹を筋違いに組み合わせた柵のこと。竹は表面がつるつるなので、虎でさえのぼることが出来ず、落ちてしまう、という由来なんだって。 この単語が出 …

no image

鳥のさえずり

春に野山でさえずる鳥、オオルリやカッコウ、メジロ、ホトトギスなど。ホトトギスは午前一時ごろから鳴き始め、やむのは夜遅くなってから(あれ・・・これあってるのかな?一日中ないてるってこと?夜鳴くんじゃない …

no image

ひな祭り

そんなに雅な思い出とかはないけど、母が毎年寒い中、7段飾りのお雛様を出してくれた。 北海道ほどではないけど、岩手の3月はまだそれなりに寒い。人形の一体一体に帽子(烏帽子とかいうやつ)をかぶせたり小物を …

no image

百人一首

1/4分 北海道特有の、下の句カルタの件。と、百人一首の気象を読んだ和歌の数!イイネこの分析は。 風:12首 雲:5首 雪・露:どちらも4首 他に霜、霧、霞など。 87番 寂蓮(じゃくれん)法師 「村 …

no image

よさこい

よさこい、というタイトルでいいのかが気になるんですけど。本家のことを忘れてやいませんか?(汗 祭り期間中、もっとも暑かった「高温ソーラン大賞」(このネーミングセンスは結構好き。いいぞ菅井!)が1999 …