紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

高層雲と巻層雲の見分け方

投稿日:

一時的に「とある」に退避。あとで観念して新カテゴリを追加しよう・・・。

今日、調べていたことをまとめるざっくり絵を描いていて(SIerやさんによっては、とんち絵、ぽんち絵、といっていた・・・私の出身グループではそういう言い方しなかったので気持ち悪かった。特に何、ともいってなかったが、そういう絵が描けるSEになるのが目標だった)、久しぶりにプレーンテキストで説明図を描きたい、という衝動に駆られた。

(プレーンテキストで図をかくのは、後半で入った無線系の歴史を持つ部署の文化だった。ガッチリ分散開発してたのでメールが主だったというのもある)

今だったら、プレゼンソフトでさっくり書いて、JPEGとかでWEBに載っけたほうが、ひっかかりもいいんだろうけど。

さて、テーマは「高層雲と巻層雲の見分け方」。最近、日暈系の光学気象現象をがんばって写真に撮ろうとしているので、巻層雲の見分け方は気になるところではある。

前にも書いたように、厳密に決めるには、空から見るしかないのではないかとは思う。

ただ、最近は先駆者たちのわかりやすい本がたくさん出ているので、自分なりにまとめてみた。

■高層雲と巻層雲の見分け方
                      2012.6.6


(*) 本によっては、6,000mを境として、高層雲、巻層雲を
  分けているものもある。
  また、巻層雲は10,000より上に出ることもあるとして
  いる本もある。

◆参考文献
◇雲のカタログ 草思社 (2011/5/17)
◇雲の不思議がわかる本 誠文堂新光社 (2009/06)
◇百万人の天気教室(5訂版)
◇一般気象学(第18刷)

※このメモは、個人の勉強用であり、これが定義というわけではありません。

↑chromeで表示確認をしたため、プロポーショナルフォントのときに図がそろうように調整してます。chromeだとこのフレームの中はデフォルトでプロポーショナル、IEだと固定ピッチフォントになっちゃうみたい。ほんとは固定に揃えたいんだけど・・・というか、このコード貼るプラグインでブラウザの違い吸収できないの・・・?使い方が悪い?

追記:

結構悩みどころなようで、ひょっとしてプラグインで解決しようとしてた私が邪道だったのかしら?

ブログにコードを貼り付ける方法で悩むの巻IDEA*IDEA さん)

私が使ってるプラグイン WP SyntaxHighlighter 設定多くて、すぐにはわからん。課題課題。

更に追記:

スマホで見たら図の部分が更にガタガタで、吐きそうになったので一旦削除。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

船体着氷

2/11分 天気予報の着氷注意報、北海道だけで発表されるんだって・・・・スミマセン、しりませんでした・・・とくに背爪には書いてないな・・・ひょっとして各気象台の発表基準まで見ないと判らないのかな。(あ …

no image

水蒸気画像

昨日7/4のぶん。 梅雨の時季は、ひまわりの水蒸気画像がコントラストが美しいでしょう、との話。 アレ、新しいひまわりで水蒸気画像どうなってるのかなー?

no image

白い石炭

やっと追いついた・・・明日が記念すべき、1年続けた記録の最後の日なので・・・追いついておきたかった。 中谷宇吉郎博士の言葉「雪は人間の生活に害を与えるばかりではない。これを利用すればすこぶる有用なもの …

no image

花粉症記念日

気象庁が花粉の飛散を調べ始めたのは1993年とのこと。意外に遅い。北海道への花粉症リトリートツアーについてもふれられている。 確かに岩手にいたとき花粉症になりかけたけど、北海道に来たら治った。でも大人 …

no image

スズメバチに注意

お盆過ぎにはスズメバチの活動が活発に。北海道でも多い年には7人が亡くなってるんだって。 黒い服、香水、整髪料、早い動き、が厳禁なんだって。











スポンサーリンク