紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

本・書籍

十二国記・戴国の気象を検証する

投稿日:

いやまだしてないんだけど。

戴はとっても寒くて、きっと北海道みたいなかんじなんだろうなぁとはずっと思ってたんだが。

「北海道」レベルなのか「東北」レベルなのか。

生活レベルが中世くらいなので、身なりとかからは判断できないんだけど。

雪の融ける時期なんかの描写では、東北くらいなのかなぁとか。

北海道レベルだったら、もっと国民が死んでるかなとか。

ただ、十二国の一国の大きさ、って、めちゃくちゃでかいって話もあって。

それなら、内陸は大陸性気候になって、もうちょっとすっきり快晴で放射冷却底冷え、の描写があったほうがいいんでないかとか。

いろいろ気になりながら読んでおりました。

まずは基本となる、国の大きさについて検証しているサイト

 

 

何しろ、空の上に「雲海」という本当の海があるらしいので、気象モデルは同じく動かないのかもしれないけど。

だれか、地形を入力して、シミュレーションしてくれないかなぁ。

そもそも同じ地球上の国なのかなぁ・・・

泰麒が言ってる、暦1月ズレ、の話は、単に旧暦との関係?

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-本・書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

虹―その文化と科学

[cft format=1]

十二国記・読了

モヤモヤしている。 ・・・ 予定通り、発売日の昨日、朝8時にコンビニ到着予定の3・4巻を8時40分ごろ取りに行った。 わが家は、午前中指定で配達を頼んでも、絶対昼前後になるので、一刻も早く受け取りたい …

no image

ふわふわくもパン

[cft format=1]

no image

きつねのはなし

これは抜粋のフィールドです。どういうふうにでるのかな?

no image

イラストで楽しむ 日本の七十二候 (中経の文庫)

[cft format=1]