紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

お天気お姉さん第2話ブロッケン現象など

投稿日:

「北の気象」の読後レビューが滞っているのに別なことをするなよ、という感じもあるが、覚書きしておきたい。

第6096回「お天気お姉さん 第2話、ブロッケン現象 ストーリー、ネタバレ」

武井咲の「お天気お姉さん」第2話★ブロッケン現象とニオス湖災害と

お天気お姉さん♯2

しかしドラマのストーリー解説書いてる人って多いんだな・・・人によって注目点が違うのも面白い。

気になったこと。そのうち調べたいことメモ。

森の中であんなにハッキリ?しかもあの角度でブロッケンの輪ができるのか?

せりふでも「森の中で見られるのはきわめて稀」と言っているが。相当近くの霧で発生している。霧も薄い。粒子がそろわなくてきれいに見えない気が・・・まあでも霧が濃いと太陽光入らないか?

「二人の影」がブロッケンの輪の中に入るのは可能か?

自分撮りだからOK?やはり近くの霧に写ったからこそなしえたのか。(通常、ブロッケンの輪の中に入れるのは自分ひとりだけで、となりの人の頭には後光が見えない、と言われる。自分撮りする場合も上手いこと二人の中心にカメラを構えないといけない気がする)

スマホであんなにきれいに撮れる?

むしろスマホ?輪の大きさと画角も検証したらおもしろそう

ブロッケン現象を好機と捉える伝説はあるか?

妖怪とか御来迎とか影法師とか、人ならざるものとする伝説の話だ普通。恋愛成就ってお手軽すぎないか。SNS時代のいまやそんなにメジャー現象?(なわけないよね・・・)

ニオス湖の災害とは?

いい解説を発見。「湖水爆発」の謎に挑む(カメルーン)

とまあ、第一話はイマイチだったけど(「アトモスフィア」のトリックと同じすぎてでハラハラした。)、覚えておきたいネタも入った2話は結構よかった。突っ込みどころが沢山あったほうが甲斐があるし。というか、突っ込む気にもなれないことが多い中でよく健闘している。

普通のドラマとしてみたときにも、キャラ設定がどれもいい気がする。配役はとやかく言われてるみたいだけど。ドラマのことはよくわからないのですが。

無口な設定の主人公が、森の中のブロッケン現象、と聞いて「見に行きたい・・・!」と目を輝かせたところが良かったな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

風と雨のち花

「三月の風と四月の雨は五月の花を咲かせる」ということわざが英国にあるそうで。 今日も、たくさんの言葉が紹介されてる系のお題。 「三月の風は花粉を飛ばして受粉を促し、4月の雨は、植物を成長」はマザーグー …

no image

漁火

函館の漁火の話題。 イカ踊りなど、イカは市民の暮らしに溶け込んでます・・・とのことですが、実際、朝イカ売りとか来ない地区も多いし(汗)高いし、まースーパーで新鮮なイカが手に入るのはいいけど。まあ、イカ …

no image

風の日

2/9分 ふく(29)、から、風の日、なんだって。天気を意味する英語のwetherは、語源は風、なんだって。windもそうなのかな。 風速、風力について。 風速が2倍になると、風力は4倍。 風速10~ …

no image

月の名前

十五夜を過ぎた月の名前。 十六夜(いざよい) 立待月(たちまちづき) 居待月(いまちづき) 臥待月(ふしまちづき) 更待月(ふけまちづき) 有明の月 だんだん月の出が遅くなることをさしている。花が春の …

no image

けあらし

よく晴れた冬の朝。釧路港では、気温がマイナス15度まで下がり、穏やかな北東の風でよく発生する。海水温の高い日本海側では、釧路ほど気温が下がらなくてもよく見られ、留萌の海岸ではこの時期おなじみの冬霧です …