紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

イチョウ

投稿日:

11/4分

植樹してから孫の代になって実がなるので「公孫樹(こうそんじゅ)」なんだって。ゲーテが「一枚の葉が裂かれて二枚になったのでしょうか、それとも二枚の葉が互いに相手を見つめて一枚の葉になったのでしょうか」と相手の人に送ったんだって。

めっちゃわかりにくい・・・

嫌われると思うよ。

・・・

北大の銀杏並木のことも。札幌のイチョウ黄葉の平年日なのだって。

そうそう、茶色っぽいブレスレットを作った話を表の記事に載せたけど、この前健康診断で、町内の街中(っていうか、私の生活範囲よりもっとたくさん人が住んでるほう)にいったら、結構赤系の紅葉の街路樹が植えられていた。私の行動範囲の樹は、みんなハッキリしない黄色系だから、茶~黄色のイメージだったんだよな、この辺の秋は。ちょっと街路樹が違うだけで、季節の印象って変わるんだな。

さて、中国の万里の長城での遭難事後の一報が入ったのは、昨日だったろうか。この週末はあまり体調がよくなくてぼんやりしていたのでよく覚えてないのだけど。

あまり天気図とかも見てなかったのだけど、日曜日にちらりと見た衛星画像、たしかにぐるんぐるんとなった、強そうな低気圧があって、あれが問題の寒冷渦だったのね。(とくダネ!で、アマタツが出る前の振りで別のキャスターの人が「かんれいか」って読んだので耳に残ってしまった。やめてくれ。かんれいうず、ですよ)

ドライスロット?って一瞬思ったけどそうだったのかな。この季節で珍しいかどうか、というより、そもそも日本にやってくる前の寒冷渦について、想像をめぐらせたことがなかった・・・・今回は大陸の中に一個、切離低気圧があって、日本付近にもブロッキングされた低気圧が一個あって(おっぱいというか、めだまのようなかんじ)、全然どちらも動いていないような一週間だったんだろう、たぶん。

例によってこの辺は、ブロッキングされた気圧配置のおかげで毎日ぐずぐず。その上明日以降は大荒れかも。もし世界が魔法世界で(なんだよそれ)きしょーよほーしじゃなくて「気象変更士」みたいな資格があったら、そのほうが余程みんなの役に立てるだろうな・・・ほんとに謝りたくなるような連日の予報&空模様です。

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-とある歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

海開きと海明け

似た響き。しかし、似て非なるもの。石垣島では海開きのころ、このへん(オホーツク海)では海明け。 海氷用語の説明ツꀀ(気象庁) 毛ガニ漁のシーズンか。。。今年は美味しい店が見つかるかな? さて・・・今日 …

no image

文化の日

11/3分 文化の日は晴れの特異日でもある。うーん。この辺は天気悪かったよね・・・休日だったけど、具合悪くて寝てました。 昔の文化の日は80%以上の確率で晴れていたけど、最近はそうでもないんだって。十 …

no image

ししゃも荒れ

ものすごく活字が目に入らない・・・昨日分の記事を書いてからここにたどり着くまでの長かったこと (〃´o`)=3 ししゃものすだれ干しで有名なむかわ町。(すだれ干しは知らなかったぞ・・・普通にししゃもで …

no image

ヒバリ初鳴日

この漢字って「はつなきび」じゃなくて「しょめいび」って読むのですね。 平年日が 函館3/30 帯広4/2 札幌3 釧路4 室蘭7 網走14 ・・・って・・・このでこぼこな感じ・・・網走の遅さは一体・・ …

no image

雪解け

こんなお題が合ったとは。雪解けネタはかなり書いてしまった、でも知らない言葉が出てて勉強になった。 根雪がなくなった日「長期積雪の終日」 雪解けを進める日差し「雪解光(ゆきげこう)」 雪解けを進める風「 …