紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

アイスワイン

投稿日:

1/13分

-8度前後の気温が3日以上続く条件で収穫される凍ったぶどうの濃縮された水分だけを圧搾(あっさく)して作るんだって。通常の10分の1くらいの収穫量。甘さは抜群。2004年に富良野で栽培が始まったけど、暖冬の年はブドウが凍らないので作れないんだって。

あれ、定山渓?か朝里のほうにもなかったかしら・・・

いいなぁ。ガブガブ飲んでみたい。(ワイン苦手なくせに)

さて、先日本屋で、某女性向けとんでも雑誌(スピ系ともいう)の表紙に気になる文字があったので開いてみたら(もはや書いてある用語が何ひとつ判らない程、どこか遠くへ行ってしまっている雑誌だ・・・ちなみに目に留まったのはウェブボットの記事。あれ信憑性はわかんないんだけどね・・・実在するのかどうかさえ。今回の記事も偏っていてかなり怪しかった・・・残念)見たかったのと違う記事のところに素敵な写真があった。

それはシャスタ山のレンズ雲の写真!おお、こんなところに。きれいに写ってるしもっと大きく載せればいいのに・・・と思ったら、キャプションにすごいことが。

「シャスタ山上空に現れた雲形UFO」(確かそんな感じ)

・・・ええと・・・あの・・・つまり、雲ではないといっている・・・?

うーん、確かにこの雲、よくUFOつながりで話されるけど・・・霊山にはキレイなつるし雲が出る?つまり独立峰は霊的なもの、とされがちだから、だよね・・・

ちなみに、その雑誌に載ってたレンズ雲は、よく使われるhttp://oka-jp.seesaa.net/upload/detail/image/shasta-02.jpg.html こんなのや、http://withyoume.up.d.seesaa.net/withyoume/image/20090520A5B7A5E3A5B9A5BFBBB3A4CBC8AFC0B8A4B7A4BF8EDA8EDD8EBD8EDEB1C0.jpg?d=a0 こんなのに比べたら、レア度低かったぞ。修行が足りませんな。(それともパンケーキ型はUFOじゃないとかおっしゃるのでしょうかね~)

追記:リンク一個切れてる?まあ、「シャスタ山」で検索したらいっぱいレンズ雲の写真引っかかります。しかし・・・レンズ雲がよく出るだけで、地下にレムリア人が住んでることになったり、富士山と地下でつながってることになったり、雲の力は絶大だなぁ・・・たぶんこれらの山のそばに住んでたら、いつもいつも、きれいなレンズ状にならないこともわかると思うんだけど。

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

冬将軍

寒さや雪が猛威を振るう冬の嵐を「冬将軍」といいますが。。。 で始まっているけど、最近はむしろ、大陸からの寒波に名づけてないだろうか。 言葉の由来はナポレオンの敗戦で、1812年の秋にモスクワを占領した …

no image

ラベンダー

ラベンダーですか。・・・ちょっとラベンダーの話題は今控えたいというか。斜里から引っ越してからにしたいな。言ってはけないことを言ってしまいそう。 シバザクラとちがって、一面の紫色、というのは、まだ品があ …

no image

タラ

冬は真タラ漁の季節。荒れる日本海での延縄漁はベテラン漁師でも命がけなんだって。タラの白子でつくる「たちのかまぼこ」「たちかま」は、昔は漁師さんの子どもがすり鉢でこねて野球ボールくらいにして軒先につるし …

no image

ひつじ草

あなおそろしや。すっかり忘れて寝るところであった。やはり思考回路というのは有限なのですね。 ああ、大きな愛になりたい。(なんじゃそりゃ) さて、表題のひつじ草、スイレンのことでした。理由は、朝開いた花 …

no image

清明のころ

雁が帰ればツバメが通う、という言葉があるそうで、冬鳥のガンが北へ渡り、変わりにツバメが渡ってくる。という意味だって。 ツバメの渡りは平均8度~9度だそう。 冬鳥が越冬で北海道に南下するタイミングについ …