紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

北海道ふるさと富士

投稿日:

「一富士、二鷹、三茄子」にちなんで、北海道にある「富士」

利尻富士(利尻山)、音威富士、北見富士、知床富士(羅臼岳)、斜里富士(斜里岳)、阿寒富士、糠平富士(ウペペサンケ山)、美瑛富士、増毛富士(暑寒別岳)、富士形山、黄金富士(黄金山)、蝦夷富士(羊蹄山)、渡島富士(駒ケ岳)、釜谷富士、温泉富士、藤野富士、母恋富士、不二山

19個紹介されている。

これぞ、「自分が住んでる4キロ以内が世界」のルール(独自理論)の最たるもので、自分が普段住んでるところから見える山が一番きれい、と人間は愛着を持ってしまう。ふるさとの岩手山もそう。ちょっと違う角度から見たら、もう別の山だし、うちから見るのが一番。となってしまう。

本家の富士山より、やっぱりうちの富士山だべさ。と。

自分が使ってるスマホが一番。すなわちそのメーカがスキ。愛着、ブランド志向、愛国心、地元愛。

あ、別に否定してるわけじゃないんだけどさ・・・山って動かないものだから、よその山を見に行くには、自分が動くしかないし。だからこそ「~富士」ってなるわけで。ずっとそこに住んでる人はどういう了見で、やっぱりうちが一番。って思ってるのかは気になる・・・。

もちろん私は岩手山ラブですよ。

さて、昨日の日没時、うちから見える知床連山がいい具合にオレンジに染まってて・・・海岸へ写真撮りにいくか悩んだけど・・・家事の時間だったから諦めたのよね。

去年の1月9日だったかな?ワカサギ釣りの後もきれいだったんだけど、そのときはスマホしか持ってなくて。

今日もいい線いくかなぁ?と思ったんだけど、肝心の日没の時間になったら、夕日が雲でさえぎられちゃったみたいで、あまり染まってなかった。

やっぱり、今!って時に動かないと、いい写真は撮れないんだな。

今年の目標は、いい写真を撮ること。・・・ぢゃなくて・・・

そうだな、もうちょっとお勉強したいな。かな。一言で言うと。

ちなみに今朝の初夢は、いいかんじに、いいかんじだった。今年も去年よかったな、と思えるところは、流れに乗ってがんばろう。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

冬将軍

寒さや雪が猛威を振るう冬の嵐を「冬将軍」といいますが。。。 で始まっているけど、最近はむしろ、大陸からの寒波に名づけてないだろうか。 言葉の由来はナポレオンの敗戦で、1812年の秋にモスクワを占領した …

no image

九十九夜の泣き霜を過ぎて

八十八夜の別れ霜、に続く言葉だそうです。九十九夜あたりは、遅霜に泣かされることがある、という・・・ 過去の遅霜の被害は、北海道では6月が多いんだって。風がなくて晴れている日・・・放射冷却のときですな・ …

no image

寒明け

立春を迎え、寒明けとなる頃、とのことで「寒明け七雪」という南信州のことわざが紹介されている。寒が明けた後に7回雪が降ると本当の春が来るんだって。北海道だともっと降らないとダメだよね、って話。 北海道の …

no image

食欲の秋と体重計

遠心力の関係で、沖縄で60キロの人は北海道では60キロ+80グラムになるんだって。赤道に近いほど空に向かって引っ張る力が強いからなんだって。 体重計メーカーは北海道、本州、沖縄と仕様を三種類に分けてる …

no image

越冬キャベツ

12/4分 全国的にも人気の高い越冬キャベツの話題。前は越冬アスパラの話があったな。 発祥の地は和寒町なんだって。栽培は偶然の出来事がきっかけで、40年位前、キャベツの値段が暴落し出荷できなくなって、 …











スポンサーリンク