紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

あじさい

投稿日:

今日が札幌の平均開花日ということで。その形状から「手毬花」(てまりばな)とも呼ばれる。土がアルカリ性だと赤い花、酸性だと青い花。気象台であじさいの開花日を観測していて、平年開花日、網走は8/10。

そうそう、北海道に来て私にとって最初の地、函館で、あじさいが秋ごろまで咲いてるので、なんじゃらほい、と思った。梅雨時の花でしょ~!!普通。(旭川・函館の平均開花日は7/22だって。)

元町の、坂道の街並みが美しいあたりに、黄色い消火栓とアジサイ。大変絵になるのだが、残念ながら梅雨とカタツムリ、みたいな絵にならないんだよな・・・かといって、無理やり梅雨のイメージを変えるような写真にもできないし。

心の中でイラっとしていた。まー北海道初心者ということだったのね。

あと、この辺とか、十勝は、白いアジサイが多いような気がするんだけど・・・気のせいかな?

さて、今日は、クロ現で、九州北部豪雨の短文情報についてやってた。注意報→警報→記録的短時間大雨情報→短文情報。の順で緊急度が高い、というのが認知されてなかった。というのもあるけど、短文情報の送り方が・・・確かにあれじゃあ見てもらえないよね・・・そもそも、自治体の防災担当って、担当範囲が広くて、一々気象庁のメールなんて見てないってかんじだった・・・

あと、今、北海道全般に低温注意報出てて、全国ニュースの猛暑のニュースの中で、「ただし北海道のオホーツク海側では・・・」と、明日15度くらいになりそうな旨紹介され、なんとなく気恥ずかしい感じだった・・・

いやはや、ほんと、申し訳ないです。。。

しかし、今回は異常天候早期警戒情報はでなかったよね・・・そんなに下がる予報ではなく、予報確度A出てたような、週間天気予報だったし。。。あの確度は、何に対して出てるんだろ・・・天気マークだけなのかな?

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

自然の芸術

霧氷(むひょう)・・・樹の枝などに氷がついたもの。 樹霜(じゅそう)・・・氷が針状や板状などの結晶で出来ているとき 樹氷・・・羽毛上など白い氷から出来ているとき 粗氷・・・内部が気泡で乳濁しているとき …

no image

にぎやかな海

北海道で子育てをした野鳥が暖かな本州や東南アジアに戻り陸地は静まり返る時期だが、海鳥は北から南下してくる。カモメや海に住むカモの仲間たちだって。あとオオワシやオジロワシも。 この前、演歌を外人が歌う番 …

no image

ししゃも荒れ

ものすごく活字が目に入らない・・・昨日分の記事を書いてからここにたどり着くまでの長かったこと (〃´o`)=3 ししゃものすだれ干しで有名なむかわ町。(すだれ干しは知らなかったぞ・・・普通にししゃもで …

no image

風と雨のち花

「三月の風と四月の雨は五月の花を咲かせる」ということわざが英国にあるそうで。 今日も、たくさんの言葉が紹介されてる系のお題。 「三月の風は花粉を飛ばして受粉を促し、4月の雨は、植物を成長」はマザーグー …

no image

雪解け

こんなお題が合ったとは。雪解けネタはかなり書いてしまった、でも知らない言葉が出てて勉強になった。 根雪がなくなった日「長期積雪の終日」 雪解けを進める日差し「雪解光(ゆきげこう)」 雪解けを進める風「 …











スポンサーリンク