紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

雲をつかむ話

幻日(2012/07/16 その2)

投稿日:

わかるっ?わかるっ?太陽の右側だよー。矢印つけないよっ、わかるよね?

きれいに虹色

【カメラ情報】

DMC-GF1

1/500s f/11.0 ISO: 100

レンズ焦点距離: 18.0mm(35mm相当: 36mm)

★マイカラーモード ポップ

【撮影情報】

2012/7/16 17:56:30

場所:斜里町前浜 斜里港付近(43.91,144.67)

太陽高度:10度くらい

最近、虹色系を撮る時は、私のGF-1だとマイカラーモード、というので撮ると具合がいい、というのを学びまして・・・近頃の写真は、これで撮ってみてます。

あと、マニュアルにするんだったら、フィルムモードを「ハイブラント」とやらにする。

広角レンズ、これら太陽周りの気象光学現象を撮りたくて買ったのだけど、こういう虹のかけら、的なのを撮る時は、望遠レンズが欲しくなるー。

目で見たときのイメージと違うんだよな。きれいなところにだけ集中して見ていると思う、実際は。

あと、写真にして気づいたんだけど、太陽上部には太陽柱っぽいの出てますね・・・曲がってるけどな・・・これは光芒ということになるんだろうか。この後の夕焼けも、結構よかった。昨日ほどじゃなかったけど。

-雲をつかむ話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

外接ハロと内暈(2012/07/16 その1)

記事のソートがうまく出来ないのイヤなので、過去の写真からさかのぼって時系列で投稿するつもりだったけど、記憶が確かなうちに書いたほうがいい面もあるなと・・・時間のあるときだけでも。ということで今日の分。 …

雲海の定義

家族の希望もあって、津別峠の雲海を見に行ってきました、近頃話題の。 実は前から気になっていたことが。 ・・・はたしてこれは「雲海」なのか? 私みたいに生半可に気象をかじっているレベルの人には通じると思 …

no image

漁火光柱検証(1)

写真はこちら http://bit.ly/S3w5Up 16日の光柱。事前に狙ってた旨はこのブログのいろんなコーナーに満遍なく書いていたのだけど(そもそもなんでそんなにこだわるの?と思われるのかもしれ …

「気象と芸術」を見てきた

先月職場に届いたポスターとチラシ。 おお、初めて聞いた気がする。気象テーマの芸術展。確かにこういうのって、こじつけでがんばって関連作品を集めてるケースが多い。チラシも、ブロッケンはすごいけど、(こうい …

外接ハロ(2012/07/03 その2)

7/3は、その4、まで書く予定・・・(^^; 【カメラ情報】 DMC-GF1 1/800s f/13.0 ISO: 100 レンズ焦点距離: 9.0mm(35mm相当: 18mm) 【撮影情報】 20 …











スポンサーリンク