紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

よさこい

投稿日:

よさこい、というタイトルでいいのかが気になるんですけど。本家のことを忘れてやいませんか?(汗

祭り期間中、もっとも暑かった「高温ソーラン大賞」(このネーミングセンスは結構好き。いいぞ菅井!)が1999年の28.2度。「低温ソーラン大賞」が2003年の7.2度なんだって。にわか雨にも降られやすく、30%の割合で雨が降っていると・・・。

さて、今日、帰りの飛行機、丘珠→女満別の離陸後、立派な光輪(ブロッケン現象)を見ました!真ん中に飛行機の影がくっきり見えて、しかも二重になった瞬間も。水平飛行になる前だったので写真撮れなかったけど(><)あんなにハッキリしたのを見たのは初めて~。

で、思うに、これからは飛行ルートと時間を考えて、どちらの列に座るか考えたほうが、見れる確率上がるかな、なんて。。。

その上で「写るんです」は必須かな・・・・って、まだ売ってるのかな???

あと、これは同じ路線で、着陸前、高度を落とす直前なんだけど、前方に白虹みたいなのが見えたんだよな・・・・・

細くてクリアだったので、白虹といっていいのかどうかもわからないんだけど。最初、機内のライトが窓に反射してるのかと思ったんだけど・・・違ったんだよなー。

気のせいだったのかな・・・・うーん。

あとあと、お友達のうちの家族フォトアルバム見てたら、さりげなく太陽の内暈と幻日環が写ってた~!幻日環、まだ見たことないんだよな・・・ウラヤマシイ。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

春の色

中国では、春は青、のイメージなんだそう。北海道の春の色は百花繚乱ですね、で締められてるが、その話はすでに書いてしまった・・・ そうですね、今日はどちらかというと寒の戻りの一日。今朝最低気温-17度くら …

no image

飛行機雲で天気予報

9/20分 9/20は空の日。1910に日本で初めて動力飛行に成功したからなんだって。 タイトルは、空の乾燥具合で、飛行機雲がすぐに消えるかどうかが違うのでひいては天気予報に使えますよ。という話。 こ …

no image

水温む

今日の海氷情報は、さすがにもういなくなったかなぁ、的な感じに見えましたが・・・これでついに終日なんでしょうか。 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/drift_ice/ …

no image

春の彼岸参り

お彼岸の中日、というやつですね。太陽が真西に沈むから、春分の日と、秋分の日が彼岸なのか!(西=極楽浄土) このコラムにも載っているけど、北海道では、お墓を掘り出すところから始まる、春の彼岸参り。 私の …

no image

馬耳東風

馬は耳を撫でる春風に何も感じない所から来てるそうです。 諺とかでの馬の扱いってひどくない?











スポンサーリンク