紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

好天は手術が増える?

投稿日:

晴れの特異日前後らしい話題。「天気のいい日にゴルフに行くと、盲腸の緊急手術が入り呼び出されることが多い」と外科医の間でよくいわれるんだってー。気圧が上がると身体の交感神経が優位になって、虫垂炎の炎症が強くなり、急性虫垂炎になりやすいことが確かめられてるんだって!

今日は昼ごろ外に出たのだけど、一瞬雲がレンズ雲系になっていた。でもそれも1時間くらいのことで、だんだんと積雲系の雲に変化していった。

網走のほうから知床半島方面を見ると、雲が海に行くにつれて上のほうにできていて、湿った空気の層が、標津とか、南のほうから流れてきて、こっちの平野~オホーツク海側空気の上に乗っかってる感じに見えた。ただ、そんなにこっちの空気が安定してなかったので、レンズ雲は長く持たなかったんだろう。

天気が良くて、あれもこれもやりたい休日で、でも朝起きた瞬間に全部はできないことがわかってて、ちょっと投げやりな一日でした・・・そんなに欲張りなつもりはないのに、なんでこんなにやりたいことがあれこれあるんだろう。まあそういうこともあるよね・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イチョウ

11/4分 植樹してから孫の代になって実がなるので「公孫樹(こうそんじゅ)」なんだって。ゲーテが「一枚の葉が裂かれて二枚になったのでしょうか、それとも二枚の葉が互いに相手を見つめて一枚の葉になったので …

no image

天気図の日

2/16分 1883年のこの日、東京地方代で初めて天気図が作られたんだって。鉄道駅舎や派出所など人通りの多いところに張り出されるようになったと。翌年からは、ドイツ人 エリヴィン・クニッピングの指導で七 …

no image

大寒

冬至のころ日がもっとも短くなるけど、地球が冷え切るまで1ヶ月かかるので、気温が最も下がるのがこの頃、という話。 「小寒の氷、大寒にとける」という言葉があり、寒さの始まる小寒の頃に凍った氷が、もっとも寒 …

no image

寒の戻り

まさに今日のことではありませんか。 すみません、今日一杯一杯なんでこの辺で。 って誰に謝っているのか? 追記: 「冴え返る(さえかえる)」「余寒(よかん)」「春寒料峭(しゅんかんりょうしょう)」が、寒 …

no image

ミツバチの日

北海道はハチミツの生産日本一、なんですね。あんまりイメージ無かった。 岩手には結構有名な養蜂場があった。アイスとか美味しかったな。 ハチと言えば・・・去年?一昨年?拾った、セイヨウオオマルハナバチのこ …