紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活 雑感

卒業

投稿日:2015年4月4日 更新日:

送別会でいただいた花束

4月になって卒業というタイトルも若干季節感が無いですが・・・

このたび、こちらに来てからずっと勤務していた某公共施設の職を(自主的ではなく 汗)辞めることになりました。

あ、夫の転勤は、無かったんですよ。

あとどれくらいこの町にいられるかも微妙なので、今年はのんびり?することにしました。

思いがけず、こちらに来てからはたくさんお友達もでき、仕事だけじゃなく各種活動にも参加して、ああ、別れるときどれだけ泣いたらいいんだ?(平行して、どんだけ菓子くばるんだー?)という心配も常にあったのですが

よく考えると、先に職場をやめられたことて段階的に気持ちにも区切りがつけられそうなのですごくよかった。

さらにいうと、この2年くらいの蜃気楼の活動が育ちすぎて、実を言うと、やること山積みで・・・;;

のんびりもしていられないかなぁという・・・

一部の人々からは「(研究)に専念できて良かったね!」と言われる始末!

あはは。

さて、こちらの写真・・・・

知床の初冬は尾白鷲の舞う紺碧の空と海の自然

本当は、町を離れるときに載せようと思っていたもの。。。

職場に展示してある書に、なんと私のブログタイトルと同じ文字が・・・!

しょっちゅう、この前を通っていたのに、気づいたのは2年目くらいのとき(^^;

越してくるなり、仕事が見つかったし、もしかして何かに引っ張ってこられたのかなぁ・・・と不思議な縁を感じずにいられませんでした。

紺碧の空と海の自然に見守られて過ごした5年。

今年は+(おまけ?)の延長戦を、大事に過ごそうと思います。

 

 

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-オホーツク生活, 雑感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伝言板

そうだ、この写真もありました。 先週、以久科(いくしな)原生花園の駐車場に車を止めて、流氷を見に行ったときのこと(あまり見えなかったんだけど)。 上り口の、雪かきを誰かがしてくれてできた小さな通路の両 …

いろいろ敗北感・・・

DB移行までは調子良かった。 いや、結果的に私に落ち度はない。 ・・・・朝ですね。うちの前を通る除雪車の音がする。 とりいそぎお知らせですが、当ブログ内、リンク切れが発生してるかと思います。wordp …

漁火

オホーツク海側にも漁火が出るんだ・・・と知ったのは去年。去年今年と、イカさんがたくさん来てるらしく。 函館の夜を思い出させる漁火。最近はLEDなのか、青い色の漁火も混ざっていて幻想的。 空に光が反射し …

no image

今日は~

次ページに送るリンクナビの修正、進展なし。(というか真剣に調査してないし・・・;;) Ktaistyleは同じ関数呼んでるのに上手く動いているっぽい。。。 変な出方してるので、データよれてるのかなぁ。 …

流氷?

斜里の前浜(私が住んでいるあたりの海岸)は、1月18日に流氷初日(流氷が見えた日)、1月31日に流氷接岸初日を迎えました。 流氷初日のころはちらっとみたんだけど、接岸して、見に行くのをさぼっていて、2 …