紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活 雑感

卒業

投稿日:2015年4月4日 更新日:

送別会でいただいた花束

4月になって卒業というタイトルも若干季節感が無いですが・・・

このたび、こちらに来てからずっと勤務していた某公共施設の職を(自主的ではなく 汗)辞めることになりました。

あ、夫の転勤は、無かったんですよ。

あとどれくらいこの町にいられるかも微妙なので、今年はのんびり?することにしました。

思いがけず、こちらに来てからはたくさんお友達もでき、仕事だけじゃなく各種活動にも参加して、ああ、別れるときどれだけ泣いたらいいんだ?(平行して、どんだけ菓子くばるんだー?)という心配も常にあったのですが

よく考えると、先に職場をやめられたことて段階的に気持ちにも区切りがつけられそうなのですごくよかった。

さらにいうと、この2年くらいの蜃気楼の活動が育ちすぎて、実を言うと、やること山積みで・・・;;

のんびりもしていられないかなぁという・・・

一部の人々からは「(研究)に専念できて良かったね!」と言われる始末!

あはは。

さて、こちらの写真・・・・

知床の初冬は尾白鷲の舞う紺碧の空と海の自然

本当は、町を離れるときに載せようと思っていたもの。。。

職場に展示してある書に、なんと私のブログタイトルと同じ文字が・・・!

しょっちゅう、この前を通っていたのに、気づいたのは2年目くらいのとき(^^;

越してくるなり、仕事が見つかったし、もしかして何かに引っ張ってこられたのかなぁ・・・と不思議な縁を感じずにいられませんでした。

紺碧の空と海の自然に見守られて過ごした5年。

今年は+(おまけ?)の延長戦を、大事に過ごそうと思います。

 

 

-オホーツク生活, 雑感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

流氷初日~流氷接岸初日。

我が家の目の前(家からは見えないが)の、斜里町前浜にも、本日流氷が接岸しました。流氷初日(大雑把に言うと、陸から初めて流氷が見えた日)から接岸初日(大雑把に言うと、見える範囲の海を流氷が埋め尽くした日 …

HUTTEの「ひみつカレー」

先週末、無事イスカンダルから帰還しました。その辺の事情はそのうち笛ブログにでも・・・ 思えばこの冬、はるか大宇宙への航海のような苦難の日々(言いすぎ)を乗り越えられたのも、時々訪れたあのお店のおかげだ …

no image

北の国からふるさとを思う

夢だったのではないかという気持ちが強いのは、やはりふるさとの県が被災地だからなのだろう。直接思い出のある土地ではなくても同胞の家があり、家族が住んでいる。 「阪神のときは結局他人事だったんだと気づいた …

白鳥と紅葉

ぱきぱきキッパリとした休日にしたくなくて、昼間からまったりとブログなどを書いてみます。 斜里川に白鳥がたくさんいる、との情報。行って見たら、たくさん、という程ではなく(結構動きまわっているので、私が行 …

流氷ノロッコ号&ローカルバスの旅

家族サービスのため。流氷ノロッコ号に乗ってきました。 知床斜里駅発に乗り、帰りはローカルバスで帰って来てみることに。 知床斜里駅は、いつもの閑静さがうそのよう。出発時間に合わせて、観光バスが何台も止ま …











スポンサーリンク