紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

山菜

投稿日:

「北の気象」編 5月(6/8)

北海道は三菜の宝庫。3月下旬、まだ残雪のある土手などに顔を出すフキノトウ、ギョウジャニンニク、ハマボウフウ、フキ、ワラビ、代表格のタケノコ。北海道でタケノコと呼ばれているのは正式には「千島笹」一般には「ネマガリダケ」と呼ばれる。豪雪地を好むササなんだって。山菜取りで一番事故が多いのも、このタケノコとり。毎年行方不明者が出ている。

先日、まさに山菜取りにチャレンジしたのでこのお題を選んでみた。なんだろう、やってる間は夢中になって楽しいね確かに。

「(山菜取りに)慣れてるね~」と言われたけど。でもなんだろう。なんていうか、やっぱり、アウトドア遊びには素直になれないこじれた性格。というわけで今週はどうも調子が出ません。

さてさて、いい加減いろんな人に今のこの辺の天気を聞かれて、思うのは説明下手だなぁというか、みんな納得していない感が伝わって申し訳ない。卵が先か鶏が先か、というところを私自身深く理解できていないのが良くないんだな・・・

あと、言わなきゃいけないキーワードを、順序だてて箇条書きで言えていないんだろう。

・ブロッキング高気圧が少し離れたところにある。

・流れが悪くなって、ジェット気流が蛇行して、前に進めない。

・ジェット気流の北側に寒気が閉じ込められている。

うーん、下手に簡単に言おうとするから悪いの?あと項3の根拠が弱いんだよな・・・項3の話しより

・ずーっと大きな気圧の谷の中なので、低気圧しかやってこない

・北よりの冷たい風がずっと優勢。

という話しのほうがわかりやすいだろうか。

一昨年くらいも春先こんな感じで。ブロッキング状態だったら去年の秋も。ただ、気温の変わり目が北海道の途中にあって、この辺だけひどく寒いのはやはり春先だな。

いずれにしろ理解不足。

今日は雨の中、エゾエンゴサクの写真を撮りに行ってみたけど、できた写真を見たらあまりピント合ってなかった・・・

晴れたら海に行かなくちゃ行けないし、中々今年はチャンスが無い。

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-とある歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

虎落笛

ぴゅー、と響き渡る冬の風のことなんだって。虎落(もがり)とは、竹を筋違いに組み合わせた柵のこと。竹は表面がつるつるなので、虎でさえのぼることが出来ず、落ちてしまう、という由来なんだって。 この単語が出 …

no image

さくらんぼ

北海道でも明治時代の開拓使により、栽培がはじめられていたんだって!当時はりんごの防風林だったと!集中的に作られるようになったのは昭和50年代から、だと。 今まで住んだ道内のほとんどの地域で、さくらんぼ …

no image

イネ科の花粉

北海道の花粉でシラカバより圧倒的に多い。飛散量は全体の70%次はヨモギで25%なんだって。シラカバ花粉の飛散が終わる5月末から、イネ科(主にカモガヤ)のピークになり、8月になるとヨモギ花粉に移るそう。 …

ハスとスイレン

一日が終わるのは早いなぁ… 蓮は葉や花が水面より高い位置にあり、スイレンは葉や花が水面に浮かんでいるんだって! 蓮は午前に花が多く咲き、スイレンは午後にも楽しめるんだって。 両方見比べてみたいなぁ。

no image

燕雁代飛

燕雁代飛(えんがんだいひ)って読むんだって。夏鳥が去り、冬鳥が来る季節のことだって。 「雁行」は、雁のV字編隊のこと。秋の風物詩。 「雁渡し」(かりわたし)は、渡り鳥を運ぶ秋の風。 「雁の涙」は、秋の …