紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

御神渡り

投稿日:

あれ、これ、何日か前の屈斜路湖の話しにも出てきたのに。

神様が通ったという諏訪湖の伝説に由来している。氷の体積が膨張したり縮小したりすることによって氷の割れ目が山脈のようにせりあがっていく現象。

高いもので1メートルから2メートル、長さは10キロにまで成長するものも。摩周湖や塘路湖、阿寒湖でもまれに確認される、とのこと。

あと、今日は1973年宗谷地方で暴風雪のため漁船遭難で15名行方不明、1969年は江別大橋付近で吹雪により850台の車が2日間立ち往生だって・・・おそろしい。

さて昨日は記念すべき、気象庁のスパコンが止まった日になりましたね・・・数値予報は今、日立なの?5月に刷新された、って言ってたけど。去年くらいにテレビとかに出てたのはNECだった気がしたのだが。アメダスとかはFがやってた時期もあったはずなので(というか悪名だかいスピなんとかも)いろんなとこがやってるのですね。てか科学技術計算の世界は、とくにどのベンダーが強い、ってないのかもな・・・わからんけど。

そんな日に、某全国規模のサークル活動の入会特典の、予測支援資料を取り放題のサービスが使えるようになった。早速入ってみたら、高層天気図のほかにGPVとかの資料がたくさんあって、しかも見方がよくわからず・・・あれ、これって試験に出てた気がするけど・・・実技では1枚とか混ざってるだけだっけ?この10年で詳しくなったのかなー?

別のところで、無料で公開してるサイトも見つけてしまった・・・(すこぶる怪しいというかなんで出してるのか謎・・・)→GPV気象予報

あんまり見やすくは無いけどね。

GPVのダウンロードサービス、最初は量が多すぎて挫折しそうになったけど、ゆっくりみていったらなんとか意味がわかってきた。予想につかえるほどにはなれないとおもうけど、これで、色々調べたかったことの手がかりが沢山みつけられそう。

ちなみに、初年度内無料・・・って、今2月なんですけど。やっぱりこういうの、年度初に入るのがお得なのよね・・・でも今すぐ使いたかったからさー。しょうがないのさ。

しかし、10年放置している間に、その会もだけど、どんどん進歩してるというか。(進歩してないところはしてないのでいらっとする面もある)まあ逆に毎日新しいことを知れておもしろいんだけどね。「ハロはろ縲怎=[ル」ってみなさん知ってますか~?・・・なにそのサービス。マニアックすぎるだろ。・・・私の趣味には合わないけど(そういうの教えてほしくない)果たして当たるものなのかどうかは検証してみたい気がする。。。(絶対北海道は当たらない気がする・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

海明け

「北の気象」編 3月(1/9) 本の出版は平成2年。1990年か。書かれたのはその1年前ぽい。 この本は、北海道の気象ネタの歴史というか近年の気象史を振り返る勉強にもなりそうだ。 今回の話題で言うと、 …

no image

雨一番

「北の気象」編 3月(3/9) うう、3月分、3章までしか行かなかったではないか・・・こんなことだろうと思ったが。 今回のお題「雨一番」。同じタイトルで、菅井さんの本にありましたね、これは。オリジナル …

no image

オータムとフォール

日本語の「秋」の語源は、稲など収穫が豊富になる「飽き満ちる」からという説があるんだって。 英語の「オータム」は、増大、という意味があり、もうひとつの秋をさす言葉「フォール」は枯葉が落ちる様子なんだって …

no image

雪は天からの手紙

北大の食堂かなんかの施設の横に、世界初の人口雪誕生の石碑があった。その、はじめて雪を作った日が今日なんだそうな。 本物の雪なら、なごり雪、といってもいい季節。 中谷宇吉郎博士のこの、手紙の言葉は必ず気 …

no image

あいの風

石狩市厚田村付近を吹く、春を運ぶ東風、海を藍色に染め、春の訪れを告げる意味があるんだそうです。 あいの里、と関係あるんだろうか、と思って調べたら、あまりなかった。「藍」つながり。 「梅東風」(うめごち …