紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

根雪って?

投稿日:

12/5分

一般的に、冬の始めに積もった雪が解けないことが「根雪」

気象台の観測用語では

「長期積雪」・・・積雪が30日以上継続、ただし、10日以上継続した場合、5日以内の無積雪期間があっても、次の10日以上にわたって積雪が継続した場合は、積雪が継続しているとみなす

根雪期間は、農業などに与える影響が大きいので、厳密になってるんだって。

平年値は

札幌・・・120日

旭川・・・137日

釧路・・・73日

幌加内や倶知安などの豪雪地帯は200日前後にも。とのこと。

釧路も意外に長いんだなー。ちなみに盛岡はどれくらいだったんだろう?とかるく検索してもすぐにはひっかからなかった。60日ちょっとなのかな?

そうそう、おととい、職場関係の名物おじいちゃんに、福島の気候について相談を受けた。ご家族の方が仕事に行かれるとかで・・・

確かにこちらよりは暖かいけど、降る時は降るので、備えは万全で!あと東北でも家のつくりは寒冷地仕様じゃないので、家の中は寒いですよ、という話をしたら、納得して帰ってくれた。(この物わかりのよい姿勢もすばらしいが)ご自分こそご高齢で心配されるべき立場なのに、わざわざ情報収集をしてあげるあたり、家族への愛に感動した。

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

七夕

梅雨の最中、星空を見るのは難しいから、旧暦の七夕(8/25ごろ)に期待するのもいいかも?とのこと。

no image

冬の津軽海峡

この時期の津軽海峡は、風と波と吹雪の海。水温は8~10度、気温はマイナス10度なので、大気が不安定で風が乱れます。と。波も更に高まり、海が作った雪雲が海峡を通り抜けていく。 海峡で10メートル以上の強 …

no image

カエルが鳴くと?

オタマジャクシがカエルになるには、水温10度だと6ヶ月、16度だと2ヶ月だそうで。天気の諺「カエルが鳴くと雨」は雨が近づき湿気を帯びると活発になり鳴き声も大きくなるからだって。乾くと皮膚呼吸が出来なく …

no image

新そば

八月の風で傍(そば)が迷惑→秋の暴風でそばが被害を受けるのは傍(はた)迷惑という意味で、今の9月に吹く風をあらわすんだって。 ソバは、雨よりも風に影響を受けやすいんだって。 幌加内は朝霧が日中の暑さを …

no image

こいのぼり

風速3メートル前後で泳ぎ始め、5メートルだと水平になるほど元気いっぱい、だそうです、ナイロン素材の場合。 今日見かけたこいのぼりは元気いっぱいだった。地上はそんなに風なかったけど、上空は強かったはず。 …











スポンサーリンク