紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

靴内は熱帯雨林

投稿日:

足全体を覆う靴の場合、8時間で200ミリリットルの汗が出てるんだって・・・・・・・

一日はいたら、一日休ませ、風を通して乾燥させましょう。。。とのこと。。。確かに。。。

いつか、お天気キャスターの誰かが(結構メジャーな人だったと思う)靴内の湿度を量る実験を小ネタでやってて、よほーしがそこまでしなきゃあかんのかねぇ?と萎えたことがある。。。けど、まあ・・・

生物学的な観点からは、気になる話題かもね。。。

さて、今日は改めて言うまでもなくあつかったです。明日も北海道方面への太平洋高気圧の張り出しが続く・・・

ただし、夜は少し改善されそうな気がしないでもない。。。

夜9時のNHKニュースで、多治見での局地的高温について、上空でフェーンが2層になってる研究を紹介してた。

まあ、2層になってる証拠を取るのは難しそうだけど。雲の様子とかで判断できると面白いな。

とりあえず今日はこの辺もフェーン現象で。

あっ、そうだ、フェーン現象を「可視化する」写真が撮れないかと思ってたんだった。夏になったら考えようと思ってたけど、とても当日は頭が回らないことがわかったぞ。。。暑くてそれどころじゃないぞ。

明日は少し考えよう。それとも、アメダスの気温分布で、だいぶ表現できるかなぁという気もしてきたな。

山と地形がわかる形で地図を用意して、山のこっち側だけが昇温してる様子がわかれば、結構イメージとしては伝わるかな?

そんなこと知ってるよー、と言われるか、言われないかの境目くらいが狙い目、、、。

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-とある歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小春日和

♪こんな小春日和の~おーだーやかなひは~ あ、いえ、こっちの話で。えへ はい、新暦の11月から12月に、ぽかぽかと暖かい日があると、こう言うんですね。ハイ知ってましたよさすがにこれくらいは。 小春を過 …

no image

稲妻

雷は夏の季語だけど、稲妻は秋の季語なんだって。雷の発生が多い年は米が取れる、の科学的根拠は、雷の電気エネルギーで空気中の窒素酸化物が増え、雨と一緒に土に吸収されるから、なんだってー。 そうかー、稲妻が …

no image

夜声八町

「夜声(よごえ)は八町(はっちょう)届く」と言われ、冷え込む夜は遠くまで音が届く、という話。晴れた夜、放射冷却で地面の温度が逃げて上空が地上より気温が高くなる逆転層。この層がふたのよく目をして、音が遠 …

no image

百人一首

1/4分 北海道特有の、下の句カルタの件。と、百人一首の気象を読んだ和歌の数!イイネこの分析は。 風:12首 雲:5首 雪・露:どちらも4首 他に霜、霧、霞など。 87番 寂蓮(じゃくれん)法師 「村 …

no image

寒冷前線、要注意!

10/18分 神経痛、関節痛、脳疾患、リウマチ、ぜんそく、虫垂炎など気象条件で発祥したり悪化するのが「気象病」、特に寒冷前線が通過するときは体温、尿量、脈拍数、好酸球数が変化し、アレルギー反応や炎症反 …