紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

衣替え日和

投稿日:

衣類を収納する日は、湿度の低い日がお勧めだそう、クローゼットにも湿った空気が入ってしまうから、なんだって。
アンゴラやカシミヤなど湿気に弱い厚手の洋服は上の段がいいそう。

さて、今日は諸般の事情で病院にもずっといられず、流れる雲を眺めたりしてた(なんだそりゃ)。それで思い出したのだけど、函館というのは、方位をとるのが非常に難しい町であった。
そもそも半島(というかトンボロっていうんだっけ?)が南西方向に突き出している。ランドマークとなる函館山は北西から南東方向に横たわってる。地面は扇形なので、幹線道路は放射状に走っている。まっすぐ走っているつもりが、全然行きたくない方に進んでいる場合もある。しかも街中に、でーんと居座っているのが、五稜郭という世界的にも所々にしかない五角形&星形の地形。。。カーナビに行き先を入れて最短ルートで道順を決めてもらっても、にわかには信じがたい方向に進めと指示されることもしばしば(笑)
きしょーの勉強のしはじめで、よくわかってなかった私は(まぁ今でもあまりレベルが変わらないけど)なんだか雲の流れが一定しないし、全然わからんなぁ(;-_-)=3とうんざりしてた思い出がよみがえってきた、カフェペルラとか函館公園で空を眺めながら。
今なら、少しは天気が読めるかなぁ?いずれにしろ、天気図には全然表れない空模様が展開されてることは間違いない。
(ただし、天気予報は知床より当たるかもしれない、気象台のお膝元なので。)

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

no image

オータムとフォール

日本語の「秋」の語源は、稲など収穫が豊富になる「飽き満ちる」からという説があるんだって。 英語の「オータム」は、増大、という意味があり、もうひとつの秋をさす言葉「フォール」は枯葉が落ちる様子なんだって …

no image

てるてる坊主

てるてる坊主の由来は、「掃晴娘」(サオチンニャン、ソウチンニャン)という中国の、雨雲をほうきで掃く晴れ娘、なんだって。坊主、だから仏教関係なのかと思ってた。。。というかそういう話がすきなラノベにあって …

no image

半夏生

七十二候のひとつ、雑節。ハンゲとはカラスビシャクが生える頃なので。 このころの大雨による災害を半夏水(はんげみず)っていうんだって。

no image

季節を先取る和菓子

主に、茶道で、抹茶のお茶うけに出す和菓子ですね。前に朝ドラで、京都の老舗和菓子屋さんのお話があったが・・・なんというタイトルだったろうか・・・ その番組でも出てたけど、夏の金魚入りゼリー的なのとか、細 …

no image

雪えくぼ

「雪えくぼ」でgoogle先生に問い合わせると、怪しげな小説がひっかかる。写真を見たいなら雪、この不思議な物質のリンクを。 六花亭の「ゆきやこんこ」みたいなへこみぐあいだ。ひょっとして商品名に検討され …

PREV
バラ
NEXT
アカシア











スポンサーリンク