紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

衣替え日和

投稿日:

衣類を収納する日は、湿度の低い日がお勧めだそう、クローゼットにも湿った空気が入ってしまうから、なんだって。
アンゴラやカシミヤなど湿気に弱い厚手の洋服は上の段がいいそう。

さて、今日は諸般の事情で病院にもずっといられず、流れる雲を眺めたりしてた(なんだそりゃ)。それで思い出したのだけど、函館というのは、方位をとるのが非常に難しい町であった。
そもそも半島(というかトンボロっていうんだっけ?)が南西方向に突き出している。ランドマークとなる函館山は北西から南東方向に横たわってる。地面は扇形なので、幹線道路は放射状に走っている。まっすぐ走っているつもりが、全然行きたくない方に進んでいる場合もある。しかも街中に、でーんと居座っているのが、五稜郭という世界的にも所々にしかない五角形&星形の地形。。。カーナビに行き先を入れて最短ルートで道順を決めてもらっても、にわかには信じがたい方向に進めと指示されることもしばしば(笑)
きしょーの勉強のしはじめで、よくわかってなかった私は(まぁ今でもあまりレベルが変わらないけど)なんだか雲の流れが一定しないし、全然わからんなぁ(;-_-)=3とうんざりしてた思い出がよみがえってきた、カフェペルラとか函館公園で空を眺めながら。
今なら、少しは天気が読めるかなぁ?いずれにしろ、天気図には全然表れない空模様が展開されてることは間違いない。
(ただし、天気予報は知床より当たるかもしれない、気象台のお膝元なので。)

-とある歳時記

執筆者:

引用文献


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

雪えくぼ

「雪えくぼ」でgoogle先生に問い合わせると、怪しげな小説がひっかかる。写真を見たいなら雪、この不思議な物質のリンクを。 六花亭の「ゆきやこんこ」みたいなへこみぐあいだ。ひょっとして商品名に検討され …

no image

雪解けはくもり空

この時期に、雪がたくさん解けるのは、実は晴れの日ではなくて、曇りの日。南風で暖気が入ることが多いから、とのことです。 地形にもよるでしょうが、日射よりは温度が大事ってことでしょうか。 今日、家を出たと …

no image

黒千石

11/5分 畑作の中でも、豆類は低温の影響を最も受けやすいんだって。黒千石、は普通の大豆に必要な積算気温2400度より高い2700度が必要で、限られた地域でしか作られない。現在は北竜町を中心に栽培され …

no image

時不知

ときしらず。時期はずれの5月末から6月に北海道の近海にいる若いサケが獲れ、筋子や白子がない分おいしいんだって。もっと若い回遊中のサケが鮭児(けいじ)、時不知より少し成長が進んだのがメジカ。産卵の準備が …

no image

あいの風

石狩市厚田村付近を吹く、春を運ぶ東風、海を藍色に染め、春の訪れを告げる意味があるんだそうです。 あいの里、と関係あるんだろうか、と思って調べたら、あまりなかった。「藍」つながり。 「梅東風」(うめごち …

PREV
バラ
NEXT
アカシア











スポンサーリンク