紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

とある歳時記

木の芽時

投稿日:

5/17分

あうあうあ!書いてないことに気づいたのが、11時59分(笑)間に合わなかったー。

今日はちょっと別の用事で・・・ハガキ職人?ぶつぶつ。

さて、今日の表題、「このめどき」と読み、ほかに「春愁(しゅんしゅう)」ともいい、北欧では春疲れ。季節の変わり目は体調の変わり目でもあるという話ですね。

5月病、も含まれてるのかな?

話は飛ぶけど、今朝、とくダネ!で夏スマホ(とくにらくらく。)やるというので、録画して出かけて、帰ってきてみたら、アマタツ君の気象解説も録画されてた。

昨日、関東地方はカラっとした暑さだったらしく、北陸地方からの湿った風が、山脈で水分を落としてから吹き降りてきたからなんだって。

風上が20度、頂上(2000m)が10度、風下が25度。湿潤断熱減率が100メートルあたり-0.5度と乾燥断熱減率が-1.0度で説明して、暗算でもわかる感じで良かった。

でーもー。小倉キャスターは計算間違ってたけど(笑)

ちなみにちなみに、一番有名なフェーン現象は、北陸から関東に吹き抜けるヤツじゃなくて、逆に関東から北陸に抜ける風のときだ、って話があっても良かったかな。

あと、もっと夏の盛りだと、湿気が落ちきらなくて、湿った風になることもあるし、北海道の場合は、元が涼しくて乾燥してるから、暖かい空気が降りてくるとそれなりにしけって感じる、というのもあると思う・・・

オホーツクフェーンは、じっとりしてるよね・・・?数値的に、各地のフェーンを比較したのってないんだろうか。要調査。

あと、上空に寒気が入って、対流不安定になる実験が良かった!あれはイタダキだ!使い道ないけど~。

ペットボトル2本用意、下に置く1本は、半分くらいにカットしておき、お湯を半分くらいまで入れる。

もう一本は、普通のままで、冷たい水を入れておく。

線香の煙を、お湯が入ったペットボトルに入れても、ちょっと上に流れていくだけであまりぐるぐる回らないけど、

上空にあたる、上のほうにつめたいペットボトルをかざすと、とたんに煙がぐるぐる回りだすのだ~!!

ビデオ、そのコーナーだけカットして、保存フォルダに入れといた。v(^^)

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-とある歳時記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

時不知

ときしらず。時期はずれの5月末から6月に北海道の近海にいる若いサケが獲れ、筋子や白子がない分おいしいんだって。もっと若い回遊中のサケが鮭児(けいじ)、時不知より少し成長が進んだのがメジカ。産卵の準備が …

no image

氷上の釣り

湖に張る氷の厚さ。 「日平均気温0度以下の値を毎日加算、4.4倍した数値の平方根」 という式があるんだって。新篠津村しのつ湖は平年35センチの厚さ。網走湖やとうふつ湖がわかさぎつりが盛ん。コマイ(氷下 …

no image

二八荒右衛門

今日の昼ごはんは、冷凍うどんがあったので、エセ関西風うどんにした。でも色がついてないと不安なので、つい薄口しょうゆのほかにめんつゆを入れてしまう。相性が悪いめんつゆだと失敗する。今日のはまあまあ・・・ …

no image

なだれの種類

なだれは、大きく分けて表層なだれと、全層なだれの二種類があり・・・ という話題。この辺は、近年のなだれ災害で、よく報道されている気がする。 最近では、秋田の玉川温泉。「これまではこんなことはなかったか …

no image

北海道のワイン

9/21分 ワイン用ぶどう栽培地を生育時の気温から5つにランク分けした気候区分の名前、「リジョン」っていうんだって! 北海道はリジョン1なのかー。以外に低いな。 あれ、この本、前もワインの話なかったっ …