紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

カメラ! カメラ! カメラ!

投稿日:

12月10日、にわか月蝕観測&撮影隊に、金魚のふんのようについていきました。

このあたりでは権威のGセンセと、私の近辺で今一番カメラ(機材)愛がアツイ男、某氏が二人で撮影に行くという話。

めずらしもの好き&かつて一瞬だけ天文少女だった私としては、もう一生出会えないかもしれないその現場を見に行かないのはモッタイないわけで。

去年12月の月蝕の際には、自分のミラーレスカメラGF1ちゃんでもそれらしい赤い月と夜景の写真がとれたので、リベンジのつもりもありました。

ところがところが

カメラへの愛の無さがこの結果です

星

ザザン!問題!月はどれでしょう??・・・えへへツꀀ

マニュアルにしたときの各種設定値、これくらいじゃない?と直前に教えてもらったのですが

ピントも手動で調整しなければならないことに気がづきませんで。・・・ほかの設定値ばかりいじっておりました。

史上最強のピンボケオリオン座と月。

他の隊員の皆様も、まさか私がピントを放置しているとは気がつきませんでしたとさ。

というか、もう二年くらい経つのにどうして自分で覚えられないのかなー、露出とかシャッタースピードとかさー

いつぞや、職場の飲み会で男性陣が円陣を組んで、えんえんとカメラの話をしていたとき、「(仕事の)専門が違っても、カメラは共通言語だから」とおっしゃっていた方がありました。

だとすると、専門分野すなわち撮影対象への愛が足りないんでしょうね。

で、カメラへの興味が持続しない。

星を撮るのは面白そうだが。だがあいにく寒いも暗いのも夜一人でいるのも苦手なのだ。

それで天文少女をあっさり辞めたし。

今回の撮影隊は、全員道外出身で、私が一番北限だから寒さに強いはずだ、と言われましたがねー

ムリムリ。

でもこれだけ星が映るんだったら、あと一回くらい頑張ってみたい気はするのです。

もう少しあったかいときに!

・・・さて、口直しに・・・

斜里で唯一、クリスマスっぽさを演出している、道の駅の大きなツリーです。

これ去年も載せたかしら?

ねぷたと並んで、斜里っぽさ爆発です。きんぎょねぷたちゃんもついてたよ☆

クリスマスツリー

-オホーツク生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

虹とアッケシソウと虹。

今日は、駄文ナシで、写真だけupしてみよう。 9/24、のんたの湯付近。かなり夕方。 9/26、話題のアッケシ草(さんご草)。私は初見なので、ひどさが判断できず。 10/2、知床五湖の帰り。これも二重 …

山ガールデビュー☆

ブログっぽいタイトルにしてみた。・・・ 思うに、山登りというのは、自分にとっては永遠の謎であった。人はなぜ山にのぼるのか、と問えばそこに山があるから、というし、なぜ登らないかと問えば、ただ登って降りて …

秋の名残り

名残というか・・・、芸術の秋に力を入れすぎ、秋がスッカリ通り過ぎてしまった。 ハマナスの実ジャムも完成せず、その辺になっていたという、ヤマブドウも栗も拾わず・・・ ひたすら笛を吹いていました、先週の発 …

白い山が見える

  斜里岳です。 町内のどこからでもこの山が見えます。なかなかの迫力。 とっても寒そうな山ですが、見慣れるといい感じ。 なんとなく「カムチャツカ」とか「サハリン」というイメージ;; あと羅臼岳とか知床 …

ご近所物語

うちの近くの十字路で、角地が芝生広場みたいになっている空き地があり、引越し以来、よくその中を横切って歩いていた。 近くに変形した敷地の、芝生の公園があるので、その飛び地かなぁ、くらいに思っていたのだ。 …











スポンサーリンク