紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

カメラ! カメラ! カメラ!

投稿日:

12月10日、にわか月蝕観測&撮影隊に、金魚のふんのようについていきました。

このあたりでは権威のGセンセと、私の近辺で今一番カメラ(機材)愛がアツイ男、某氏が二人で撮影に行くという話。

めずらしもの好き&かつて一瞬だけ天文少女だった私としては、もう一生出会えないかもしれないその現場を見に行かないのはモッタイないわけで。

去年12月の月蝕の際には、自分のミラーレスカメラGF1ちゃんでもそれらしい赤い月と夜景の写真がとれたので、リベンジのつもりもありました。

ところがところが

カメラへの愛の無さがこの結果です

星

ザザン!問題!月はどれでしょう??・・・えへへツꀀ

マニュアルにしたときの各種設定値、これくらいじゃない?と直前に教えてもらったのですが

ピントも手動で調整しなければならないことに気がづきませんで。・・・ほかの設定値ばかりいじっておりました。

史上最強のピンボケオリオン座と月。

他の隊員の皆様も、まさか私がピントを放置しているとは気がつきませんでしたとさ。

というか、もう二年くらい経つのにどうして自分で覚えられないのかなー、露出とかシャッタースピードとかさー

いつぞや、職場の飲み会で男性陣が円陣を組んで、えんえんとカメラの話をしていたとき、「(仕事の)専門が違っても、カメラは共通言語だから」とおっしゃっていた方がありました。

だとすると、専門分野すなわち撮影対象への愛が足りないんでしょうね。

で、カメラへの興味が持続しない。

星を撮るのは面白そうだが。だがあいにく寒いも暗いのも夜一人でいるのも苦手なのだ。

それで天文少女をあっさり辞めたし。

今回の撮影隊は、全員道外出身で、私が一番北限だから寒さに強いはずだ、と言われましたがねー

ムリムリ。

でもこれだけ星が映るんだったら、あと一回くらい頑張ってみたい気はするのです。

もう少しあったかいときに!

・・・さて、口直しに・・・

斜里で唯一、クリスマスっぽさを演出している、道の駅の大きなツリーです。

これ去年も載せたかしら?

ねぷたと並んで、斜里っぽさ爆発です。きんぎょねぷたちゃんもついてたよ☆

クリスマスツリー

-オホーツク生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

その辺の草むらからの夕日

今日も、もう寝ようと思ったのですが・・・ またまた生モノ写真を撮っちゃったので・・・;; 4/27の夕日。 夕方、外に出たら、空がきれいだったので慌ててカメラを撮って来ました・・・ ついでに、4/26 …

山ガールデビュー☆

ブログっぽいタイトルにしてみた。・・・ 思うに、山登りというのは、自分にとっては永遠の謎であった。人はなぜ山にのぼるのか、と問えばそこに山があるから、というし、なぜ登らないかと問えば、ただ登って降りて …

流氷ノロッコ号&ローカルバスの旅

家族サービスのため。流氷ノロッコ号に乗ってきました。 知床斜里駅発に乗り、帰りはローカルバスで帰って来てみることに。 知床斜里駅は、いつもの閑静さがうそのよう。出発時間に合わせて、観光バスが何台も止ま …

幻日

 このへんの、今時期の空はとてもきれいです。北海道の初夏の空は、高層雲がきれいだったりして、本州の感覚でいうと、秋の空っぽいんですが・・・、もう慣れました(^^; 加えて、この辺りでは、ミラクルな感じ …

こんなときだからこそお勉強

身体は知床にあっても、心の中が東北方面を意味もなくまだ漂っているので、○○が美味しかった~、とかしばらく書けなさそうです。 さて、昨日斜里上空に居座っていた雲、みんな気になったみたいですねぇ~。 「レ …











スポンサーリンク