紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活

アロマテラピー教室☆にいってきました

投稿日:

気がつけば一ヶ月も何も書いていなかった。ムラッ気ぶりを大発揮している今日このごろです。

あまりキラキラきらりんする出来事に出会ってないのは、携帯やらデジカメやらツイッターに写真が増えないことでも分析できる(笑)

さっ、今日は撮りましたよっ、キラキラ☆

みよ、この見事な”ちょこれいと”っぷり!!

薔薇のかたちの石鹸

でもチョコじゃないっす、せっけんなのですよー

サークルでであったお友達、ナチ子さんの自宅サロンで、念願のアロマテラピー教室に参加してきたのです☆

ナチ子さんことなっちゃんは、私と同じく旦那様の転勤で斜里にやってきて、アロマテラピーサロンをしています。

私が入ってるコカリナサークルを、笛ブログを頼りにたずねてくださり、器用さと不屈の練習量で、今では中年世代(爆)のエース的存在に!

それだけでもすごいのに、興味の赴くまま、ほかのサークルにも参加したり、自分でも手作りサークルを立ち上げてしまう活躍ぷり。

活発なことこの上ない、当代きってのシャーリーガールなのです。

今日は「アロマ保湿で目指せ☆プルプル潤い肌☆」というテーマで、アロマオイルをブレンドした保湿クリームとせっけんを作るメニューでした。

昔、手作り基礎化粧品や手作りせっけんが流行りはじめたころ、米ぬかで作る洗顔スクラブとか、お手軽なレシピにこってたのですが、せっけんやクリームは材料をそろえるのが大変で、やらずじまい。

なっちゃんのおうちにも行けるし、一石二鳥!とルンルン申し込み。

アロマオイルは、自分で選んでブレンドできるのですが、私はこんな感じで選びました(正確なメモか自信なし)

■せっけん(M&Pソープ)用

ユーカリ、マンダリン、シダーウッド、シナモン、ティーツリー

■保湿クリーム

コバイバ(笑※)、バラ、マートル、乳香、ベンゾイン

※深い意味はなし

こんなに多種のオイルを、自分ひとりではそろえられないので、やはりアロマサロンならではの楽しみですね。

石鹸は、好きなスッキリ系:草の香りをイメージ、クリームはバラの香りをベースにしたあまーい香り。。。

のつもりだったのですが・・・石鹸はバッチリ、スッキリまとましまったのですが・・・

クリーム!最後、ローズウォーターを混ぜるまでは、完璧うっとり、イメージどおりの香りだったのに。

最後の最後になぜかっ!ヨーグルトの香りに変化!!

なんでー??不思議ですねー。こういうミラクルがあるんだそうで。

ちなみに石鹸がチョコレイト色なのは、レッドクレイを混ぜているからなのです。

あとオイルのさし方、も今回初めて教わりました。そうか、ブンブン振ったりしてはいけなかったのね(笑)

石鹸をとかしたり、オイルを混ぜたりも楽しく、まぜまぜグッズのガラスの棒にもうっとりし(ツボそこ?!)。

ナッチ邸も満喫させてもらいました。

またいきたいー!

今度は「三薔薇山百合会石鹸」とやたら画数の多い題をつけ、赤、白、黄色のせっけんをつくらせてもらいたいものです(笑)

と、おたくネタはさておき、

なっちゃん楽しかったよ~♪ありがとう♪♪♪

石鹸とクリーム

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-オホーツク生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

流氷ノロッコ号&ローカルバスの旅

家族サービスのため。流氷ノロッコ号に乗ってきました。 知床斜里駅発に乗り、帰りはローカルバスで帰って来てみることに。 知床斜里駅は、いつもの閑静さがうそのよう。出発時間に合わせて、観光バスが何台も止ま …

なんかの芽

昨日の夕方、海別岳に、つるし雲になりそこねたような、積雲3兄弟が並んでいて、気になってネチネチ写真を撮っていたときに追加で一枚。 写真教室効果で、ちょっと違った視点にチャレンジ中・・・  

釧網(せんもう)本線 北浜駅「停車場」

  よく旅番組に出るので、昔から気になっていた、釧網本線の駅内にあるカフェ、その1。 「停車場」というのがお店の名前です。 洋食系の食事がメインで、予約するとフレンチも食べれるみたい。 私は「ホタテカ …

黄昏の氷原

今年は流氷初日はいつもどおりだったけど斜里前浜や網走に接岸するのが遅くてはらはらさせられました。まあ毎年様子がちがって、予想がつかないくらいがワクワクしてちょうどよいのでは。 去年も同じような写真撮っ …

HUTTEの「ひみつカレー」

先週末、無事イスカンダルから帰還しました。その辺の事情はそのうち笛ブログにでも・・・ 思えばこの冬、はるか大宇宙への航海のような苦難の日々(言いすぎ)を乗り越えられたのも、時々訪れたあのお店のおかげだ …