紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活 旅行

7月をふりかえる

投稿日:2010年8月8日 更新日:

紫陽花。 秋桜

今日撮った(ご近所の)あじさいです。やっと咲きました。ちなみに・・・・

コスモスも一緒に咲いています。

並びに植えられている、ひまわりはまだ咲いていません・・・。

まあこんなもんです、だって北海道だもん。

ツꀀ

さて、7月はぜんぜん書けませんでした~。昔から、何かイベントのあるときは、他のことが出来なくなる性格で・・・;;

ねぷた~実家から兄一家が来道、おもてなし。で、胸がいっぱい!ネット落ちしてました。

”リア充”かつ”ネト充”という生活が出来る人は、ほんと尊敬します。

ツイッターぐらいならできるんだけど。。。

いそぎ、写真で7月を振り返るぞ。まずは知床斜里ねぷた。(別館の記事もみてね☆)

おおねぷた 除雪車とおおねぷた

左:弘前市より送られた大ねぷた。
右:パレードが終わり、坂道を除雪車で引っ張ているところ。

たかまるくん!らぶ~っ☆

弘前城築城400年記念祭 マスコットキャラクター 「たか丸くん」!

出陣式で一目ぼれ!

二日目の運行前は、みんながまじめにお囃子を吹いているところ、一人隊列をはみ出してケータイで激写してしまいました。。。

いい歳して・・・ううゴメンなさい。

あ、これ↑はオットが撮ってくれた写真。刀構えてます。

オシンコシンの滝前。父子。もうすぐ父を追い抜きそうな身長。

次。7月最終週、来道した兄一家ご一行様(4名)の北海道ツアー最後の一泊にお付き合い。

接待に夢中?であまりいい写真がない。

上は、やっと駐車場まで入れるようになったオシンコシンの滝前、甥っ子の身長がすでに兄に迫っている。

小学校6年生なのに。クラスで後ろから二番目らしい。なかなか会えないため、感慨深い。

それにしても・・・・兄一家の旅行程なんですが。

一日目:千歳→旭川移動、旭山動物園(約1時間)、旭川泊(ジンギスカン夕食)

二日目:富良野(北の国からロケ地・ラベンダー畑)、美瑛、トマム泊

三日目:阿寒湖、オンネトー、摩周湖・硫黄山、(斜里町内の某展望台)、オシンコシン、知床観光船、ウトロホテルで夕食、温泉、我が家泊

最終日:知床博物館、お土産購入、女満別→千歳便、千歳から本州へ。

って、道民からすると、走ってばっかりじゃん~!それでいいのか?・・・・と心配になるが。。。

本州から来た場合、平均的な北海道旅行なんだろうな。これが。

もっとゆっくり案内したいのだけど。なかなか休みも取れないだろうし。

あちこちみたいだろうし。

ちなみに、旭山動物園は、閉園約一時間前に入ったためガラガラで、1時間くらいでほとんどの有名施設を見れたそうです!

裏技だわ~!

スポンサーリンク








スポンサーリンク








-オホーツク生活, 旅行
-, , , ,

執筆者:


  1. korukoni より:

    良いんじゃないんですかね。

    私は会社の旅行で北海道へ行っただけなので、何がなんだか分からなかったです。
    ススキノのピンサロでボッタくられましたΣ(>皿<;)

    • admin より:

      おおっ、それは何より北海道らしい体験ですね!
      その手の話はよく聞きます。地元の人でもやられるそうです。

      ちなみに最近、ニュースでやってたんですけど、
      北海道を観光する観光客の8割は北海道民なんですって!
      参考記事

      北海道って、人気の観光地!って思っていたけど、
      実は道民が本州に行くの面倒だからぐるぐる回ってるだけで、
      本州の人にそんなに好かれてなかったりして。。。?!
      真相は不明ですが・・・(^^;

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こひきや

  やっと、斜里窯のカフェ「こひきや」さんに行ってきました! お休みの日に急に思い立ち、一人でふらっと。 陶芸工房をリフォームしたという、噂どおりの落ち着いた素敵な店内。 実家の農作業小屋を、ちょっと …

道の駅しゃり 七不思議

  1.お土産売り場と、道の駅本体が、道路を隔てて分かれている 2.道の駅自体が、大きい通りに面していない 3.駐車場が建物の正面側にはなく、裏にある 4.来運神社グッズが事務所で売っている 5.町内 …

夏のいろいろ

まったくSEO的に効果のないタイトルだ。SEOを勉強して良かったのは、逆に検索にひっかからないタイトルのつけ方がわかったこと、かもな。 さて、斜里の夏は、今月はねぷただから、あれとあれをああしてこうし …

cafe path 日和だった。(過去形)

もう一件。 笛の発表会のため2週連続札幌強行軍を始める前の週(つまり9月末)。 エネルギーを補給するため、カフェパスに行ったときの写真。 海にご注目ください。 波しぶきが、キレーな半円形のまま、陸に向 …

秋の名残り

名残というか・・・、芸術の秋に力を入れすぎ、秋がスッカリ通り過ぎてしまった。 ハマナスの実ジャムも完成せず、その辺になっていたという、ヤマブドウも栗も拾わず・・・ ひたすら笛を吹いていました、先週の発 …