紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

オホーツク生活 グルメ・オホーツク 旅行

名水 来運(らいうん)の水と、来運神社。

投稿日:2010年4月29日 更新日:

湧き水の池? 勿体無いけどどんどん流れていく。
今日、tbs系列でパワースポットやってましたねぇ。

パワースポットブームもついにここまで来たか、という感じ・・・
(--;

で、思い出したように、ストックネタを。。。。ちと長いですが。

斜里町内に、来運という、縁起のよさそーな名前の地区があって、湧き水が有名なんです!

といっても、まだ、町外では知名度低め...(^^;

私も今回、引っ越してきて初めて知りました。

送別でいただいた、「知床・阿寒釧路湿原 (ことりっぷ)」には載っていましたが。

また、こちらに着いて、最初の夜お世話になった、知床グランドホテルさんには、ロビーに来運神社を分祀したお社があり、

かつ、レストラン等で、来運の水を振舞ってくれました。

このお水が、とってもとっても、甘かったのだーーー!!!

しかも、寺社仏閣好きとしては、「神社+水」・・・・

なんと、惹かれる組み合わせなんでしょう・・・。

というわけで、早速、行ってきました。10日ほど前ですが。

まず、上の写真が湧き水と、湧き水で出来た池です。

透き通ってキラキラ゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。

しかし、なんであんなに甘いんだろうか・・・

水を汲むところは、駐車場からすぐなんですが、神社に行くには少し歩きます。

ふもとの鳥居をくぐって、橋を渡って、坂を登って。。。うっ、階段じゃないのね・・・雪道に夏靴はツライ・・・
鳥居 趣のある橋を渡る

でも、小山の頂上にたたずむ感じが、趣があってヨカッタです。

上り坂・・・ やっとお参り。

春は桜!夏は緑、秋は紅葉。。。と、一年中楽しめるところだそうです。

四季折々に、訪れてみよう・・・。

ツꀀ

ちなみに、来運の地名の由来が、結構面白いです。

うーん、検索すると、あまり良いのが出てこないので、本でお勉強した知識を書きますと、

アイヌ語で、もともと、この辺りの川(※)を「ライクンナイ」といい、「死者の川」という意味だったのだそうです。

流れが極端に緩やかな川のことを、アイヌでは「死んでいる」と表現したのだそうです。

もともとの意味は、決して悪いものではないのですが、「死」というのはやはり縁起悪かろう、ということで「来運」を当てた、と。。。

緩やかな川、の表し方も面白いし、当て字のエピソードも、昔の人たちの想いが伝わって、私は好きだな・・・・

※2011/1/27 追記
  「ライクンナイ」という川は、来運神社よりは大分離れており、神社の辺りが「来運」の語源となった場所ではないとのことなのでご注意ください。
 参考図書:知床博物館 郷土学習シリーズ 第8集 「地名探訪しゃり」1986年 48pp 500円

スポンサーリンク

スポンサーリンク





スポンサーリンク

スポンサーリンク





-オホーツク生活, グルメ・オホーツク, 旅行
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年最後の

もう零下10度台まで冷え込むのは最後かも、という今朝、車の窓にきれいな霜の華が。窓霜。 今年はみた回数が少なかった気がする。雪は多かったのに。 北見からの帰り道、氷というか磨り硝子感のある夕焼け。そん …

黄昏の氷原

今年は流氷初日はいつもどおりだったけど斜里前浜や網走に接岸するのが遅くてはらはらさせられました。まあ毎年様子がちがって、予想がつかないくらいがワクワクしてちょうどよいのでは。 去年も同じような写真撮っ …

畑の雲と、エゾエンゴサク

最近、日々、「即upしたい!」と思う生モノ写真を撮ってしまうので、ストックネタが消化されません・・・ 横笛ブログも進まない・・・(--; まあ、焦らずゆっくり。。。 ■5/6 AM10時ごろ。 網走方 …

エゾエンゴサクと桜

やっとブロッキング偏西風の呪いを解かれたのか、いつもの5月のようにフェーン現象で高温になったここ数日の斜里です。ってそれっぽいことを書いてみたりして。 斜里神社のエゾエンゴサク。まさか4回目を見られる …

畑の雲、リベンジ

畑の雲と、エゾエンゴサクに書いた、朝方、海岸沿いの畑から、もくもくと「白い何か」が立ち上っている現象。 どうも、この辺では日常茶飯事、春~夏の、風物詩的な現象のようで。 昔取った○○?・・・気象の勉強 …