紺碧の空3

北海道をノマド的に生きる日々の覚書き

カフェ グルメ・道南 旅行

函館カフェ難民

投稿日:2009年12月8日 更新日:

函館での用事が一段落し、気晴らしに西部地区へ。ぱーっと開放感のあるカフェにでも行って、海と空を眺めながらお茶を飲みたい気分でした。こんなとき、以前なら間違いなく宝来町の「ラ・ミネール」に行ったのですが、閉店してしまったものはしょうがありません。。

次の候補は「カフェ・ペルラ」。いるかビル2階にあり、吹き抜けの壁一面がガラス張りで、函館市街と海が見渡せませす。
が、しかし。なんと冬季休業中・・・うー、吹雪をガラス越しに見ながら、お茶をするのが冬の醍醐味だったのに。

ほかに私のデータベースにあるカフェで、その日の気分にマッチする場所が思いつかなかったので、新しいお店でも発掘しようかとふらふらと坂を下り、西波止場へ。
途中、何件か冬季休業の店を見かけました。以前はほとんど見かけなかったのにな・・・やはり函館の観光客減少は深刻なのか。

たどり着いたのは、西波止場の隣にある、ブルームーン乗船ターミナル 「船遊食甘(せんゆうしょくかん)」のカフェコーナーです。昨年くらいまでは海の見える側の席にカフェがあったのですが、海側はバイキングレストランBLUEMOON DINER(ブルームーンダイナー)、倉庫街に面した窓側がスイーツショップ兼カフェコーナーになっていました。

窓から倉庫街を眺めるケーキセット
お店の名前は「はこだてルサマーヤ・スイーツ2号店」、大門にある函館スイーツアンテナショップとは別系統のようですが、こちらも函館・北海道のよりすぐりスイーツをまとめて買うことができます。
2号店は特に地元のケーキにこだわっているようです。

弥生町にある、不思議な食感のお菓子が人気というお店「アンジェリック・ヴォヤージュ」の「ショコラ・ヴォヤージュ」も売ってましたよ~。要冷蔵なため、次回は帰り際に立ち寄り、是非購入したいです。

店名:はこだてルサマーヤ・スイーツ2号店
住所:函館市末広町22-16 函館西波止場前
公式HP:http://www.hakodate-factory.com/sweets/default.htm

函館情報通の友人によると、今、弁天町のカフェが熱いとのことなので、次回はそちらを探訪しよう・・・。

-カフェ, グルメ・道南, 旅行
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

旅の余韻・後始末

前記事の問題、正解は、モルディブでした! 昔から行きたいと行っていたので、お友達の皆さんには簡単だったかも?! 滞在した島はメドゥフシ・アイランドです。 さて、帰宅後のつれづれです・・・・ ちなみに、 …

森の時計

7月24日、開店最初に座れました。

シーニック・カフェ 帽子岩(網走流氷硝子館)

先日、いつも見てくださる札幌の友人(と呼ばせていただくには大先輩なのですが)「ヒグマ騒動で大変そうなのに、相変わらずグルメの話ばかり」という、私的には嬉しいコメントをいただきました(^^; ブログに食 …

釧網本線 知床斜里駅

大雑把な地図だと、斜里町のあたりに「知床斜里」って書いてあります。 最初地図を見たときは、そういう地名の呼び方するのかと思ったのだけど(北見紋別、みたいに・・・)JRの駅名です。 お決まりの、羅臼岳を …

cafe path

いよいよGW、今日はやっと開通した知床横断道で羅臼に行ってみましたが、前から書きたかった別のネタで・・・。 今日の記事は、自分的には横綱級! あ、笑えるとか、そういうのじゃないんですけど。 世の女子は …











スポンサーリンク